ここから本文です

スマートホームの未来は「バービー人形のお家」が教えてくれる

WIRED.jp 9/26(月) 7:32配信

2015年版の「バービー・ドリームハウス」も、かなり素晴らしかった。スマートフォンを差し込んでテレビ画面代わりにするスロットや、外してひっくり返すとプールになる出窓、プラグアンドプレイに対応した家電付きの、広々とした3階建ての間取りになっていた。

【WI-Fiを使いアプリでバービー人形とおしゃべり。動画はこちら】

しかし、マテルがこのほど発表した新しい「バービー・ハロー・ドリームハウス」を見れば、去年のドリームハウスも、ネズミが住む粗末なあばら家のように感じられる。このミニ豪邸はとにかく凄い。

バービーの究極の住処2016年版は、すべてを音声でコントロールでき、モバイルアプリを利用すれば自分だけのオリジナルの音響効果を追加することもできる。室内に備えられたエレヴェーターを、これまでのように荷物運搬機のように操作する必要はない。声で命じれば勝手に動き出すのだ。

この家を声でコントロールするには、Wi-Fi接続とクラウドベースの音声認識が必要だ。ちょうど、アマゾンの人工知能スピーカー「Echo」(関連記事)のような感じだ。ハロー・ドリームハウスという名が示すとおり、家が持ち主の命令を聞き分ける。命令によってできることは100個以上あるという。

ドアを開閉したければ、家に向かってそう言えばいい。階段をすべり台に変身させたい? それも同じく、声に出して言うだけだ。女子だけのパーティを開きたい? ディスコのような照明と、美味しそうに見える食べ物もゲストのために用意したい? 家に頼もう。未来はここに実現している。

ドリームハウスの特徴となっている音声認識とアプリは、PullString社が開発した「ToyTalk」だ。同社は、2人の元ピクサー従業員によるスタートアップだ(同技術は、例えばバービー人形と話す「ハロー・バービー」にも使われている)。

TIM MOYNIHAN

最終更新:9/26(月) 7:32

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。