ここから本文です

埼玉西武・雄星が直面する規定投球回との無味乾燥な戦い。未来のエースが果たすべき役割とは

ベースボールチャンネル 9/26(月) 11:00配信

1球の失投から崩れたソフトバンク戦

 エースへの道を歩む1年間、という位置づけのシーズンが終わりに近づいている。菊池雄星にとって重要な今季登板がわずかとなるなか、9月23日、本拠地で不甲斐ない姿を見せた。

 優勝争いを繰り広げるソフトバンク戦は、周囲から“色眼鏡”で見られる一戦だった。

 6日前の登板でできた指のマメは大丈夫だろうか。万全でない状態で、規定投球回数に近づくイニングを投げることができるのか。今季1度も投げてこなかったソフトバンク戦で、プロ入りして1度も勝っていない相手に弱気の虫が顔を出さないか。

 そうした試合に先発し、7回1死まで143球を投げて被安打10、7失点。5月12日の楽天戦以来となる黒星で今季6敗目を喫している。

 4回までに5点を奪われ、6回終了時点で131球を投げていた。それでも首脳陣と「行けるところまで行こう」と話し、7回途中までマウンドに立った。早々とCS出場争いから脱落したチームにあって、大量失点した菊池が投げ続けた理由は、規定投球回に達するためと周囲から見られるのは当然のことだ。

「今日はいっぱいいっぱいでした」

 試合後の囲み取材で、菊池は「いっぱいいっぱい」という表現を2度使っている。それほど苦しいマウンドだったのだろう。

 指のマメというコンディション上の問題か、対ソフトバンクという外的理由によるものか、あるいは規定投球回数に達して防御率1位を狙うという内的要因か、菊池の抱える不安が立ち上がりに見て取れた。

 初回、今宮健太にストレートが4球続けて外れて四球で歩かせる。続く本多雄一には11球のうち3球投げたスライダーがいずれも抜け、8球投じたストレートも思うようにコントロールできない。

 それでも11球目、内角高めボールゾーンのストレートで本多を窮屈なスイングにさせ、投ゴロ併殺に打ち取ると、今季12勝を積み上げてきたような力強い菊池に戻った。3番の中村晃には150kmを超えるストレートで簡単に追い込み、5球目、内角の151kmストレートで力のない遊ゴロに封じ込めている。
 
 だが、1球の失投で崩れた。
 
 3回2死から城所龍麿にライト前ヒットを打たれた直後、1番・今宮の場面だ。初球、147kmのストレートが内角高めに外れ、2球目は外角を目掛けた144kmストレートが逆球になる。今宮はこれを思い切り振り抜き、レフトスタンドへ先制ツーランとなった。

「完全に甘い球ですからね」

 菊池がそう振り返った1球について、潮崎哲也ヘッド兼投手コーチも敗因のきっかけとして挙げている。 

「ホームランを打たれたことによって、ちょっと気が滅入ったところがあるんじゃないかな」

1/3ページ

最終更新:9/26(月) 11:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ