ここから本文です

【自転車レース】エネコ・ツアーでオランダのテルプストラが初優勝!

CYCLE SPORTS.jp 9/26(月) 9:17配信

最終ステージで、デニスが落車でリタイア

オランダとベルギーを巡るステージレースのエネコ・ツアー(UCIワールドツアー)が、9月19日から25日の日程で開催され、オランダのニキ・テルプストラ(エティックス・クイックステップ)が初優勝した。

有名な石畳の坂『ミュール』があるヒーラールスベルヘンがゴールだった最終ステージを迎えた時、総合首位に立っていたのはオーストラリアのローハン・デニス(BMC)で、テルプストラは総合優勝を狙う世界チャンピオンのペーテル・サガン(スロバキア)と同じ27秒遅れだった。

最終ステージは途中から雨になり、落車が続出。リーダージャージのデニスもゴールまで残り50kmで落車し、自転車の交換に手間取って大きく遅れてしまった。幸いケガはひどくはなく、デニスはチームメートの助けを借りて追走を試みたが1分以上開いた差を縮めることができず、結局レースをリタイアしてしまった。

総合争いは雨のミュールを越えるクラシックレースのようなコースで、テルプストラがエドワルド・ボアソンハーゲン(ディメンションデータ)、オリビエ・ナーセン(IAMサイクリング)とともに逃げ切り、初優勝した。

最後にテルプストラを捕まえられなかったサガンは「(追走グループでは)誰も協力してくれなかった。自転車レースは不公平だ」と、がっかりしていたが、今大会で区間2勝して総合3位になり、UCIワールドツアーランキングで首位に返り咲いた。

■第12回エネコ・ツアー 個人総合最終成績[9月19日~25日/UCIワールドツアー]
1 ニキ・テルプストラ(エティックス・クイックステップ/オランダ)22時間43分26秒
2 オリビエ・ナーセン(IAMサイクリング/ベルギー)+31秒
3 ペーテル・サガン(スロバキア/ティンコフ)+1分00秒
4 グレッグ・バンアーベルマート(BMC/ベルギー)+1分02秒
5 ヨス・ファンエムデン(ロトNL・ユンボ/オランダ)+1分03秒
6 ウィルコ・ケルデルマン(ロトNL・ユンボ/オランダ)+1分11秒
7 ズデネク・シュティバル(エティックス・クイックステップ/チェコ)+1分15秒
8 ヨン・イサギレ(モビスター/スペイン)+1分19秒
9 トム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン/オランダ)+1分22秒
10 ボブ・ユンゲルス(エティックス・クイックステップ/ルクセンブルク)+1分31秒
42 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+4分24秒

[各ステージの優勝者]
■第1ステージ:ディラン・フルーネウェーゲン(ロトNL・ユンボ/オランダ)
■第2ステージ(個人TT):ローハン・デニス(BMC/オーストラリア)
■第3ステージ:ペーテル・サガン(スロバキア/ティンコフ)
■第4ステージ:ペーテル・サガン(スロバキア/ティンコフ)
■第5ステージ(チームTT):BMCレーシングチーム(米国)
■第6ステージ:ルカ・ピベルニク(ランプレ・メリダ/スロベニア)
■第7ステージ:エドワルド・ボアソンハーゲン(ディメンションデータ/ノルウェー)

最終更新:9/26(月) 9:17

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。