ここから本文です

蛭子能収のゆるゆる人生相談 「夫が健康食品オタクで…」

女性自身 9/26(月) 6:02配信

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(68)が、本誌読者からの相談に答える!

【Q】「夫は健康食品オタクです。オル●チン、ニンニク▲黄、青汁などいろんな健康食品を購入しています。運動や食事にもっと気を使えばいいのに、お金だけが消えていきます。なんとかやめさせたいのですが……」(¥ジェルトキコさん・56・主婦・岐阜県)

【A】「CMの出演依頼が来ない限り健康食品は食べない」(蛭子能収)

 ダンナさんは“死んでも健康になりたい”という人ですね。「もういいや」と思うまでやらせるしかありません。これは宗教みたいなモノ。痛い目を見ないと直りません。よく「成功する秘訣」みたいな本がありますけど、本を書いた人はまだいいけど、それを読んで“オレもそうするぞ!”と振り回されるようなダメな人と同じですよ。

 オレは、健康食品を購入したことも興味もありません。あれはテレビの宣伝ですからね。夏バテ予防にウナギを食べる人がいますが、スタミナ食も信用していません。そもそもウナギを食べたいと思ったことがありません。

 オレの健康法といえば、歩くこととサラダバーとかに行ったら、野菜を少し多めに取るくらい。基本的に、好きなモノを食べていたほうがいいと思っています。ラーメンとカレーライス、あと肉さえあれば問題ありません。

 ただし、健康食品のCMの出演依頼が来たら話は別です。毎日、その食品を食べて元気になると思いますよ。だってギャラがいいみたいですからね、へへへ……。

最終更新:9/26(月) 6:02

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)