ここから本文です

パソコン作業が多い人ほど目元がたるみがち!? 作業の合間に「後頭部マッサージ」で対策を!

OurAge 9/26(月) 15:36配信

パソコン作業などで目を使いすぎると、後頭部がこりがちに。放っておくと、目元のたるみにもつながってしまうという。ヘッドセラピストの山本幸恵さんに、パソコン作業の合間などにカチカチにこった頭をほぐすことができる「深頭筋マッサージ」の方法を教えてもらった。

◆後頭指圧マッサージ 
手に頭をのせて、体重をかけて効果的にコリをほぐすマッサージ。長時間のパソコン作業の合間などに行うのも◎。

「肘を机にのせ、握りこぶしの中指と人差し指を立てて第2関節に後頭部を押し当て、グリグリと小さい円を描くように押し回します。これを3回繰り返します。

次に、後頭部を刺激した方法と同じ要領で、後頭部の首の付け根あたり一帯をまんべんなく、1カ所3回ずつグリグリと押し回します。反対側も同様に行ってください」

◆後頭部緩ませマッサージ
指の腹でさらに後頭部の緊張を緩める方法だ。猫背ぎみの人はここがこりやすいので念入りにほぐして。

「両手の親指以外の4本の指の腹を、後頭部の頭蓋骨の骨のきわあたりに押し当てます。骨を感じるくらいにしっかり押し当てましょう。

頭皮から指の腹を離さずに、圧を加えたままグルグルと押し回すようにマッサージします。位置を変えながら、後頭部をまんべんなく同様に3回ずつ行います」

目の疲れを感じていても、頭がこっているとはなかなか自覚できないもの。1カ所3回ずつと短時間で行える方法だから、ちょっとした気分転換として行うのも良さそうだ。

最終更新:9/26(月) 15:36

OurAge

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。