ここから本文です

名女優ローレン・ハットンがランウェイを歩く ボッテガ・ヴェネタが2017年春夏コレクション発表

GQ JAPAN 9/26(月) 15:41配信

ボッテガ・ヴェネタの創業50周年を祝い、メンズとウィメンズ合同のファッションショーが開かれた。72歳の名女優、ローレン・ハットンがモデルとしてランウェイに登場する嬉しいサプライズも!

【ボッテガ・ヴェネタ 2017年春夏コレクション すべてのルック】

ボッテガ・ヴェネタは9月24日(イタリア現地時間)、ミラノのブレラ国立美術学院で2017年春夏コレクションのショーを開催した。ブランドの創立50周年と、トーマス・マイヤーのクリエイティブ・ディレクター就任15周年を記念したショーだ。

コレクションではブランドのアーカイブを蘇らせたアイテムが登場。そのひとつは映画『アメリカン・ジゴロ』で女優のローレン・ハットンが持っていたクラッチバッグである。ローレンは今回、ブランドの最新ルックを纏ってウォーキングも披露している。

メンズとウィメンズを統合した今回のショーは、古典的な彫刻や芸術作品が並ぶブレラ国立美術学院の廊下で行われた。トーマス・マイヤーが現職に就任して以来、初めて社屋以外でショーを開催したことになり、内容だけでなく会場も特別なお祝いのショーであることをうかがわせるものだった。

Words by Winsome Li (GQ)

最終更新:9/26(月) 15:41

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。