ここから本文です

「決して下を向かないで」途中交代にショックのC・ロナに母から激励メッセージ

フットボールチャンネル 9/26(月) 7:10配信

 リーガエスパニョーラ第6節、ラス・パルマス戦で途中交代を告げられた、レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウド。不満の顔を見せる息子に母から激励のメッセージが届いていた。24日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 マドリーが2-1とリードしていた72分、ロナウドは交代を告げられる。明らかに困惑、不服の表情の背番号7は、交代出場のルーカス・バスケスと軽く抱擁すると、ジネディーヌ・ジダン監督とは目も合わせることなくタッチし、そのままベンチへと向かった。

 そんな息子を見かねてか、ロナウドの母親ドローレス・アベイロ氏は「決して下を向かないで」というメッセージをツイッターに投稿。このメッセージにはベンチに下げられ浮かない表情のロナウドの写真も添付されていた。

 アベイロ氏は、頻繁にロナウドとの写真などもアップしており、母子の仲の良さを垣間見ることができる。先のEURO2016の決勝でも負傷退場するロナウドに「サッカーとはボールを蹴るものであり、相手をケガさせるものではないわ」とツイートし反響を集めていた。

フットボールチャンネル

最終更新:9/26(月) 7:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。