ここから本文です

慈善宿の巡礼者交流会とは? 時には“各国対抗歌合戦”も!

Wedge 9/26(月) 12:40配信

[フランス中西部Le Puyからスペインの聖地Santiagoを経てMuxiaまで]
(2015.4.22-7.16 86days 総費用37万円〈航空券含む〉)

韓国キリスト教事情

 6月18日(承前)愛知県の三河地方出身の中高年3人組と一緒に昼過ぎにべルシアノス・デル・レアル・カミノの慈善宿に到着。ボランティアスタッフの対応が明るく丁寧だ。

 私は早速水場で備え付けの石鹸と洗濯板を使って洗濯。顔見知りの韓国の牧師さん夫妻と一緒だ。パク牧師(韓国語で「モクサ」)は温厚な人柄で奥さんもいつも丁寧に挨拶してくれ夫妻には好感を抱いていた。パク牧師は韓国南西部の全羅北道(チョルラペクド)の全州(チョンジュ)の教会の牧師だ。

 パク牧師によると韓国国民の40%近くがキリスト教徒で、そのうちプロテスタントが6割でカトリックは4割くらいという。仏教徒は国民の30%くらいでキリスト教徒より少ないと。朝鮮戦争以後の混乱のなかで米国人宣教師が積極的に布教活動したので急速にキリスト教の信者が増えたという。パク牧師自身は長老派(プレスビテリアン)教会に属する。

 彼の説明によるとカルバンに端を発する長老派はヨーロッパ起源であるが、それが米国に伝わり大きな教会組織に発展し、朝鮮戦争後に積極的に米国人牧師が韓国で宣教活動した結果韓国に長老派教会が広がったという。「結局、長老派の布教活動は数世紀を経て地球をぐるっと回ったのですよ」と笑った。

 韓国の教会には世界統一教会のようなカルト集団があったり、税金逃れのための偽教会があったりとどうも胡散臭いイメージがつきまとうがパク牧師には篤実な人柄を感じた。

夕食前の交流会

 ボランティアスタッフが「ディナーの前に巡礼者交流会をするので都合が良い人は集会室に集合してください」とゲストに呼びかける。集会室に20人くらいが大きな輪をつくってパイプ椅子に座った。司会役が自己紹介してから、各自順番に名前、出身地、巡礼の理由・目的を話すように促した。だいたい英語でしゃべっているが、英語が不得意な人は自国語で自己紹介している。

 私は「定年退職後に世界各地を旅してきました。世界中の旅行者からサンチアゴ巡礼の素晴らしい経験を聞いて大変興味を持ちました。これからの人生をどのように生きるべきか考えるために巡礼をしています。同時に、私は仏教徒ですが、巡礼を通じてヨーロッパの歴史・文化の基盤となっているキリスト教に対する理解を深めたいと思います」というような話をした。

 聞いていると純粋にキリスト教の信仰上の目的で巡礼している人は皆無であった。殆どの人が自分を見つめ直す、人生を考える、自然に親しんで心身を鍛えたい、歴史文化に興味があるというような趣旨を述べていた。

1/3ページ

最終更新:9/26(月) 12:40

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン