ここから本文です

ビジネスを有利に進めるには、やはり「見た目」が重要である --- 尾藤 克之

アゴラ 9/26(月) 16:30配信

ディズニーの作品には多くのプリンセスが登場する。シンデレラはディズニープリンセスの1人であることには間違いない。しかし、白雪姫、オーロラ姫、アリエルなどと大きく違う点は元々プリンセスではないということだろう。王子と結婚した結果、プリンセスになるが、生まれや育ちは他のプリンセスとは圧倒的に異なるのである。

■ディズニーのシーンにヒントが隠されていた

シンデレラは戦略の達人と称することもできるだろう。冷静に戦略を遂行したからこそ王子と結婚できたと考えられるからだ。なぜ、着用していたドレス、カボチャ型の馬車は、魔法が解けた瞬間になくなるのに、片方のガラスの靴はそのままだったのだろうか。

魔法が解けないことを承知のうえで、王子に拾わせるために意図的に置いていったのではないか。さらに、王子が靴の持ち主を探す行動をとることを予見している。ガラスの靴が切り札になることを最初からプロファイリングしていたことになる。

シンデレラに登場する王子は「プリンス・チャーミング王子」と呼ばれている。名前のとおり魅惑的な王子だったと記載がある。しかし、舞踏会で1回ダンスをともにしただけで、王子がぞっこんになることを確信するとは自意識過剰過ぎないだろうか。

ビジネスにたずさわる誰しもが、自分の夢を実現するために、女性はシンデレラストーリーを手に入れたいと思い、男性は王子になることを望む。しかし、シンデレラになる女性、王子になる男性は、はじめから資格や資質、環境があったわけではない。望むものを手にするためには戦略的に行動しなければいけないことを、この物語は示唆しているように思う。

後藤勇人(以下、後藤)は、美容室、日焼けサロン、ショットバーなどを経営する他、ギターのグレコで有名なフジゲン創業者の横内祐一郎氏の総合プロデュースをおこない、ブランド構築の専門家として認知されている。今回は、ビジネスで留意すべき「見た目の重要性」について聞いた。

■ヘアサロンでは初めての客のどこを見るのか

後藤は元美容師であり現在は美容室の経営を行っている。最初に美容師の視点で「見た目の重要性」について語ってもらった。ビジネスに通じる本音が垣間見えるので興味深い。

「ヘアサロンの入口からお客様が入ってきた時、まず見ることは『オシャレ』であるかどうかです。初めてのお客様には担当が付いていませんので、オシャレで魅力的だと気合が入ります。このお客様には手を抜けないぞ!と思うわけです。」(後藤)

「オーナーがその場にいれば、『この人はオシャレで要求が高そうだからトップスタイリストに担当させなければいけない!』と思うことでしょう。一方、オシャレでないお客様なら『この人はジュニアスタイリストでいいかな?』という判断をするかも知れません。これはビジネスの場でも同じだと思います。見た目のインパクトは非常に大きいですから、第一印象はとても大切だと思うのです。」(同)

ビジネスシーンでの第一印象とはなんだろうか。「時間に正確、身形がしっかりしている、髪型がちゃんと整っている、etc.」などが挙げられるだろう。

「これは、お見合いを考えれば分かりやすいと思います。お見合いの席に、ヨレヨレのジーンズにボサボサの髪で登場はしないと思います。同じように、時間を守れない、見た目もだらしないという相手であれば、ビジネスに向かう意識も減退してしまいます。」(後藤)

このように考えると、見た目について戦略的に考えたほうが良いのかも知れない。冒頭で紹介した、シンデレラの戦略にも通じるだろう。ビジネスを有利に進めるためには、見た目、第一印象の与える影響力はあまりにも大きいのである。

■ビジネスパーソンは見た目を磨け

「これは、知り合いの小学校の先生から聞きました。クラスでなにか問題が起こり、児童の両親がクレームを言いにくる時、最初に目がいくのは『服装』だそうです。スーツでビシッと正装してくる方と、ラフなだらしない服装で来る方とでは明らかに対応が違ってくるそうです。スーツで来ると『いい加減なことは言えない。しっかり対応しよう』という意識になると聞きたことがあります。」(後藤)

「これは自分の第一印象が大きなインパクトを与えていることを意味しています。だったら『見た目を演出する』ことも大切ではないでしょうか。自分が相手からどう見えるかという点にもっと意識を持つようにしてください。」(同)

人は先入観を持ちやすい。本人に会ってもいないのに、勝手に評判だけでその人が判断されることがある。ビジネスパーソンで上を目指すのであれば、見た目の印象がビジネスに大きな影響を及ぼすことを覚えておきたいものだ。

参考著書
『夢実現とお金の不思議な29の関係』(同友館)(http://amzn.to/2cxk9MV)

尾藤克之
コラムニスト

尾藤 克之

最終更新:9/26(月) 16:30

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。