ここから本文です

三浦雄一郎 エベレストのため65歳で始めた“攻める健康法”

女性自身 9/26(月) 6:03配信

「エベレストだけではなく、富士山でも高山病になるんですよ。富士山の山頂は、酸素が3割少なくなるんです。7合目は標高3,000メートルほど。ここを超えるあたりから高山病が出てきます。山登りをする前には、なるべくトレーニングをしたほうがいいですね」

 そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』第68回のゲスト・プロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎さん(83)。現在も講演やトレーニングで忙しい毎日を送られているそうで、札幌から東京にやってきたその足で対談に。まったく疲れを感じない三浦さんに、中山はただただ驚くばかりでした。

中山「三浦さんといえば3年前、80歳でのエベレスト登頂。70歳、75歳と登られて、世界最高齢記録をご自身で塗り替えられました」

三浦「僕が65歳のとき、自由気ままに“メタボ”に年をとって、狭心症、不整脈、糖尿病と、高齢にまつわる危険な病気を持っているものだから、医者から「余命3年」と言われていたんです。この状態で3年生き延びたらいいほうだと。そのころ、93歳だった父が『99歳になったらモンブランをスキーで滑る』と言いだして。親父がモンブランなら、僕はエベレストに登ろう、そう思ったのがきっかけだったんです」

中山「余命3年と宣告された中での決意。そのころは山登りはどうしていましたか?」

三浦「4~5年サボっていました。冬はスキーを、夏は下手なゴルフをやって、お酒を飲んで、思い切りリタイアした暮らし。講演などの仕事も忙しくて、全国、海外飛び回っていましたので。メタボ体形のまま、久々に500メートルの山を登ったら、途中でのびてしまって、頂上まで行くこともできなかったんですよ」

中山「9,000メートル近いエベレストは遠いですね」

三浦「これはいかんと思い、まずは仕事をしながらメタボを治そうと。そして並行して足腰を鍛えました。僕は2種類の健康法があると思っているんですよ。ひとつは、守りの健康法。たとえば1時間くらい散歩をするとか、ラジオ体操、バランスのいい食事、早寝早起きですね。でも、これをやっていても当時の僕では富士山も登れない。“守り”でなく“攻める健康法”でいかないと間に合わないと思ったんです」

中山「攻める、とはどういうことでしょう」

三浦「まずは、足首に1キロずつ重りをつけて、10キロのリュックサックを背負って、体に負荷をかけた生活を始めました。平地を歩く分には大したことないんですけど、階段や坂道だとつらい。そういうときはゆっくり歩くようにして。やがて、代々木の事務所から、東京駅まで9キロ歩いてから出張に出かけるようになりましたよ」

中山「だいぶ追い込んだ生活ですね」

三浦「東京駅に着いたときにはフラフラで、よじ登るように新幹線の座席について、居眠りしながら乗り過ごさないように……。ということで、どこかへ移動するだけでもすごいトレーニングになる。そんな生活をしているうちに、体重がどんどん落ちていき、半年してやっと富士山に登れるようになったんです」

中山「半年で富士山はすごいですよ!」

三浦「5合目までは車ですし、高山病で頭が痛いとか、ひどい目に遭いましたけどね。でも、そのころには、血液検査の数値も、体の調子もよくなっていきましたので、片足1キロずつだったものを2年目は3キロ、3年目から5キロに増やして」

中山「ずいぶん急ピッチにやられました」

三浦「69歳の年には片足に10キロずつつけて、30キロのリュックを背負うように。それで歩けるようになれば、エベレストにも行けるだろうと思いました」

中山「前例のあったトレーニングということではないんですよね?」

三浦「そうそう、何でもやってみようということ。この攻めた生活のおかげで、メタボ体形も治り、狭心症の発作も、ヒザや腰の痛みもなくなったんですよ。ヒザの半月板なんてボロボロで、針を刺したように痛いこともあったんですから」

最終更新:9/26(月) 6:03

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。