ここから本文です

米メディアが日本をU-17W杯に導いた“凡ミス”を指摘 UAE守護神の「ずさんなグローブワーク」

Football ZONE web 9/26(月) 12:20配信

「極限までハードワークを強いられた」と日本の苦戦ぶりをレポート

 U-16日本代表はAFC U-16選手権インド大会準々決勝のUAE戦に1-0で勝利し、来年行われるU-17ワールドカップ(W杯)出場権を獲得した。バルセロナの下部組織に所属経験のあるFW久保建英(FC東京U-18)のCKを起点に奪った虎の子の1点を最後まで守り切ったが、アメリカのメディアは決勝点のシーンで相手GKに凡ミスがあったと指摘している。米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」が、日本が2大会ぶりのU-17W杯出場権を獲得したUAE戦の模様を報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 グループリーグ3試合で21得点を積み上げてきた日本だが、「この日、究極的に組織立っていたUAEの決意を相手に、極限までハードワークを強いられた」と評されている。

 そして、勝負を分けたのは前半31分だった。日本の決勝弾は、相手守護神のミスの恩恵にあずかったと指摘されている。

「こう着状態でハーフタイム前に生まれたアユム・セコのゴールが、両軍の命運を分けた。サレム・アル・ハレスがずさんなグローブワークの結果、タケフサ・クボの内巻きのコーナーキックをファンブルした。センターバックのセコがゴールに突き刺した」

 この日、7本目のCKでキッカー久保の上げたクロスが急激なカーブでゴール枠内を捉える。MF平川怜(FC東京U-18)が飛び込むと、相手GKがボールをキャッチできずに、これをDF瀬古歩夢(C大阪U-18)がプッシュして待望の先制点を奪取した。前半にシュートの雨を降らせながらもゴールを割れなかった日本に生まれた1点は、UAEにとって悔やみきれないミスとなったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/26(月) 12:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。