ここから本文です

ボート事故で死亡したマーリンズ投手、恋人が妊娠中だった

女性自身 9/26(月) 10:15配信

米国時間25日、MLBマイアミ・マーリンズのエース、ホセ・フェルナンデス(24)がボート事故で死亡した。球団は急遽、哀悼の意と当日の試合を中止する旨の声明を発表。球団関係者とファンの間に悲しみが広がる中、さらに胸の痛む事実が発覚した。

「きみが僕の人生に現れてくれて本当によかった」

急死するわずか5日前、フェルナンデスはこんなメッセージを添えてInstagramに交際中のカーラ・メンドーザの写真を掲載していた。写真の中のメンドーザは少し大きくなったお腹を愛おしそうに手で支えている。フェルナンデスは間もなく父親になる予定だったのだ。

フェルナンデスは登板日の変更を受け、24日に友人らと共にフロリダ州マイアミでのボートクルーズへ出かけた。そのボートは25日未明、岩礁に衝突してひっくり返っているところを沿岸警備隊によって発見された。現場にはフェルナンデスの他、2人の男性の遺体も見つかっている。ボートの状況から、“フロリダ 魚と野生動物保護委員会“のスポークスマンは「減速することなく岩にぶつかったと見られます。ボートは全壊です。本当にひどい。最悪の状態です」と事故の凄惨さについてCNNの取材に対してコメント。事故の原因、および直接的な死因は現在調査中だという。

最終更新:9/26(月) 10:15

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。