ここから本文です

マンUでルーニー不要論が浮上! 英紙「主要な選手でいた日々が終わった」と辛辣な指摘

Football ZONE web 9/26(月) 12:59配信

公式戦3連敗で状況が一変 レスター戦では今季初のベンチスタートに

 マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーは24日のレスター・シティ戦で先発から外れ、今季初のベンチスタートとなった。チームは4-1と快勝したことからキャプテンの不要論が浮上。英紙「デイリー・ミラー」は「もはや自動的に選ばれる選手ではないことを受け入れる準備がある」と報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 今季もルーニーは不動のはずだった。UEFAヨーロッパリーグ(EL)のフェイエノールト戦はメンバー外で温存となったものの、それ以外はコミュニティー・シールドやリーグカップを含む7試合でいずれもキャプテンとして先発していた。ところが、公式戦3連敗を喫するなど不振に陥ったことで状況は一変した。

 ルーニー不在のチームでは、新加入のフランス代表MFポール・ポグバやスペイン代表MFフアン・マタが躍動し、昨季王者のレスターを4-1で粉砕。ミラー紙は「ウェイン・ルーニーはジョゼ・モウリーニョから外され、マンチェスター・ユナイテッドで自動的に選ばれる選手ではないことを受け入れる準備がある」と、不動のレギュラーから陥落したと指摘している。

 29日に行われるELのゾリャ戦では先発復帰もありそうだが、「彼は、自分がユナイテッドの主要な選手でいた日々が終わったことを分かっている」と辛辣にレポートされている。

ネビル氏はルーニーの転換期と言及

 現在は英衛星放送局「スカイ・スポーツ」の解説者を務めるギャリー・ネビル氏は、元同僚のルーニーのキャリアが新しいフェーズへの転換期を迎えていると指摘している。

「これまでとは違った方法でプレーする可能性がある。どんな選手も32歳、33歳、34歳になれば、22歳の頃と同じというわけにはいかない。ポール・スコールズはゴールを襲撃するミッドフィールダーから司令塔タイプの選手になった。スティーブン・ジェラードも同じだ。ライアン・ギグスは速いウインガーから中盤センターの選手になった。ルーニーもそういった時期に差し掛かっている」

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/26(月) 12:59

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。