ここから本文です

天才ドリブラーとPSG指揮官が衝突! ミラン、レスターなど4クラブが今冬の獲得に名乗り

Football ZONE web 9/26(月) 19:41配信

今夏18クラブが獲得に動いたベン・アルファが、エメリ監督の起用法に不満

 パリ・サンジェルマン(PSG)でウナイ・エメリ監督との衝突が伝えられたフランス代表FWハテム・ベン・アルファに対し、早くも冬の移籍市場に向けて4クラブが獲得に名乗りを上げているという。そしてそこには、日本代表選手たちの所属クラブも含まれていると、イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ベン・アルファは昨季ニースで17ゴールを挙げ、一時期の低迷から完全に復活。今夏の移籍市場では18クラブによる争奪戦が繰り広げられた結果、母国フランスの強豪PSGに加入した。

 しかし、UEFAヨーロッパリーグ3連覇をセビージャで成し遂げてPSGにやってきた名将エメリ監督と衝突してしまった。ドレッシングルームで起用法について激論を交わし、指揮官は才気溢れるドリブラーに対して「お前はメッシじゃない!」と言い放ったという。

 こうした状況を受け、今夏の獲得に失敗したクラブの一部は早くも冬の移籍市場に向けて再アプローチを始めたようだ。

本田や岡崎にとっての新ライバルに?

 プレミアリーグからは日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティ、同DF吉田麻也が所属するサウサンプトン、イタリアからは同FW本田圭佑が所属するACミラン、そして地元フランスのトゥールーズの4クラブが、すでに獲得に名乗りを上げているという。本田や岡崎にとっては、チームに加入となればポジションの重なるライバルになる可能性がある。

 PSGにとっては今季の目玉補強だったベン・アルファだが、ここまで公式戦6試合で先発2試合のみと、その働きは当初の期待を大きく下回る。そして、エメリ監督との衝突も伝えられた天才ドリブラーは、わずか半年でチームを去ることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/26(月) 19:41

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。