ここから本文です

韓国代表エースが今夏の放出を認めなかったトットナム監督に感謝 「彼はとても正直な人だ」

Football ZONE web 9/26(月) 21:42配信

リーグ戦4得点と爆発中のソン・フンミンが、ポチェッティーノ監督への思いを語る

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは24日に行われたミドルスブラ戦で2得点を決めて、2-1の勝利に大きく貢献した。今季リーグ戦3試合目の出場にして、昨季の得点数(4得点)に並んだ。シーズン前にはドイツへ移籍を直訴したと報じられた韓国のエースだが、英国ではその才能を高く評価されているようだ。英紙「テレグラフ」が報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ミドルスブラ戦でソンは、前半7分と後半23分に得点を奪い、チームの勝利に貢献。今季は開幕前にリオデジャネイロ五輪に参加した影響で開幕から3試合を欠場したが、初出場のストーク戦で2ゴールを挙げるなど存在感を示している。4-2-3-1のサイドで定位置を確保し、エースFWハリー・ケインが負傷離脱するなかでチームをけん引している。

「オリンピックの後、チームに戻るという考えを口にするのは難しいことだった。答えを出すのが難しかったし、どう答えればいいのか分からなかった。でも、ここに残ることができてハッピー。トットナムでプレーし、得点することが好きなんだ」

 ソンは試合後に、こう現状を振り返っている。夏にはヴォルフスブルクへの移籍が浮上し、マウリシオ・ポチェッティーノ監督に移籍志願したとも報じられていた。指揮官は放出を拒んだが、ソンもトットナムでのプレーが第一希望と主張。今では放出を認めなかったクラブと監督に、感謝の意を表している。

英紙投票で86%がソンの成功を予測

「彼(ポチェッティーノ)にもっとプレーしたいと要求したかった。これは事実だ。選手なら、みんな試合でプレーしたいと思う。監督は僕にチャンスをくれた。とても感謝している。彼はとても正直な人だ」

 電子版の記事では、読者に向けて「ソンのスパーズでの成功を予測していたか?」という投票を行っている。日本時間26日午後8時の時点で、イエスの回答が86%と圧倒的に支持されている。昨季はリーグ戦28試合で4得点に終わり、アジア人選手最高額の2200万ポンド(約29億円)に見合う活躍を披露したとは言い難かったが、現地のファンはソンの才能を高く評価していたようだ。

 オーバーエイジ枠で参戦した五輪では準々決勝で敗れ、メダル獲得に届かなかったソン。試合後にはピッチ上で号泣するなど失意を味わったが、今季はクラブでの大爆発を予感させている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/26(月) 21:42

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。