ここから本文です

“PKストップの名手“バレンシア守護神が新記録達成。通算セーブ数単独最多に

フットボールチャンネル 9/26(月) 16:40配信

 バレンシアのブラジル人GKジエゴ・アウベスが、リーガエスパニョーラでの通算PKセーブ数17本という新記録を樹立した。25日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 現地時間25日に行われたリーガ第6節のレガネス戦で、D・アウベスは2-1で迎えた後半にファウルを犯してPKを与えてしまったが、MFアレクサンデル・シマノフスキによるシュートを自らストップ。バレンシアはそのまま2-1で勝利を収めた。

 PKストップの名手として知られるD・アウベスは、これでリーガにおけるPKストップ数が通算17本となった。これにより、バルセロナで活躍した元スペイン代表GKアンド二・スビサレッタ氏の記録を上回り、リーガで最も多くのPKを防いだGKとなっている。

 D・アウベスは2007年から11年までアルメリアで、11年からバレンシアでプレー。リーガで9年余りを戦い、計39本のPKを経験しているが、約43.5%にあたる17本を止めるという驚異的なセーブ率を誇っている。通算16本を防いだスビサレッタ氏は102本のPKを蹴られており、セーブ率ではD・アウベスが圧倒している。

 D・アウベスによるPKストップの“被害者“には、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドや、コパ・デル・レイで止められたバルセロナのFWリオネル・メッシも含まれる。昨年5月には、C・ロナウドのPKを2度ストップしたことのあるサッカー界で初のGKとなった。

フットボールチャンネル

最終更新:9/26(月) 16:43

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。