ここから本文です

U-16代表FW山田寛人、絶好機逸し発奮「自分が決めてアジア王者に」

フットボールチャンネル 9/26(月) 22:35配信

 インドでU-16アジア選手権を戦っているU-16日本代表は26日、現地で練習を行った。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 前夜の準々決勝UAE戦に途中出場した山田寛人は、仲間たちがU-17W杯出場決定を喜ぶ中、人知れず悔しい思いを抱えていたようだ。

「流れが悪くなっている時間で自分が出たので、自分が一発決めて雰囲気を変えたらラクに、相手もムードが下がっていくという気持ちで入りました」

 1点リードしながらなかなか追加点を奪えなかった後半、66分からピッチに立った山田は最初のプレーでビッグチャンスを迎える。「ヒーローになれるかと思った」と語るほどの絶好機だったが、シュートをうまくミートできず外してしまった。

 それだけでなくグループステージの途中で体調を崩したことによる出遅れや、他のFWたちに比べて出場時間が少ないことも悔やんでいる。同時に発奮材料にして、準決勝以降の戦いに備えている。

「自分が決めてアジア王者になりたい。世界の切符は手にできたんですけど、アジア王者になって世界に行きたいので、自分が活躍したい」。貪欲にゴールという結果を追い求め、プレーに磨きをかける。

(取材:元川悦子【ゴア】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:9/26(月) 22:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)