ここから本文です

吹スタで“珍”ハプニング。米倉がヒーローインタビューまで受けたのに、得点者は藤春!?当事者だけが知る真実とは…

SOCCER DIGEST Web 9/26(月) 6:00配信

絶叫が続くジェットコースターのような展開。待っていた結末は…「ヨネに申し訳ないです」。

[J1第2ステージ13節]
G大阪 3-3 FC東京
9月25日/吹田市立スタジアム

  試合終了間際の90分、平山相太が倒れ込みながらも執念のゴールを決め、FC東京が3-2とついに突き放すことに成功する。ところがアディショナルタイムに突入した1分後、猛反撃に出たG大阪が右サイドから攻略。
 
 サイドバックの米倉恒貴が稲妻のように中央へ切れ込み、彼からパスを受けた倉田秋が身体を張ってボールをキープしながらヒールパスを送る。そこへ再び飛び込んだ米倉がシュートを突き刺し、ホームチームが土壇場で3-3に追い付いてみせたのだ
 
 絶叫が連続したジェットコースターに乗っているような内容も起伏に富んだ一戦は、6ゴールが飛び交ってのドロー決着に終わった。

【G大阪 3-3FC東京 PHOTO】ハリルホジッチ監督が視察に来る。熱視線の先にいたのは…

 興奮冷めやらぬなか、ヒーローインタビューに呼ばれた米倉は「(倉田)秋がいいパスを出してくれて、あとは合わせるだけだった。最後、(シュートの)コースが変わったけど、自分のゴールでいいんじゃないかなと思います(笑)。最後まであきらなければ追い付けると思っていた。誰が出てもチームのために一生懸命やるのがガンバのサッカー。負けない戦いが続くが、それを貫き次の浦和戦でも勝ちたい」と、顔を火照らせながら語った。
 
 アップダウンを続けて徳永悠平と激しい駆け引きを繰り返しながらも、どこにそんなスタミナが残っていたんだと驚くような、驚愕のオーバーラップを最後に繰り出した。米倉は間違いなく、この日のヒーロー――吹スタに詰めかけたG大阪サポーターの誰もが、そう思ったに違いない。
 
 ところが、吹スタ劇場のオチはまだあった。
 
「ヨネのゴールであっても良かったと思うんですけど……申し訳ないです」
 
 試合後にそう漏らしたのは、藤春廣輝だった。Jリーグから発表された公式記録を見ると、G大阪の3点目の欄には「90+1分:藤春」と記されていたのだ。
 
 動画で確認すると、確かに米倉の地を這う光線のようなシュートが、藤春の足に当たってコースが若干変わっているのだ。FC東京のDF陣がオフサイドをアピールしたのは、藤春のポジションについてだったことが分かる。
 
 藤春は次のように振り返った。
 
「(ボールに)触ったほうが、よりしっかりと枠に入れられると思ったので……。まあ、触ってしまった、とも言えますが」
 
 藤春だけが真実を知っていた。吹田スタジアム全体が〝騙された″と言える、G大阪の劇的ゴールだった――。

1/2ページ

最終更新:9/26(月) 16:15

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。