ここから本文です

【柏】下平監督や選手が語る好調の要因。「武器になってきている」ものとは

SOCCER DIGEST Web 9/26(月) 6:00配信

「すごく普段のトレーニングの成果が出ている」(下平監督)

[J1第2ステージ13節]柏1-0甲府/9月25日/日立柏サッカー場
 
 64分、クリスティアーノの蹴ったCKの流れから、相手のクリアミスでこぼれたボールをディエゴ・オリヴェイラが左足で叩き込み決勝弾。甲府に勝利した柏は、リーグ戦5試合負けなしと好調だ。
 
その要因のひとつは、セットプレーだろう。甲府戦で勝負を分けたのも、CKの流れから。さらに、第2ステージ・9節の名古屋でD・オリヴェイラのヘディングでのゴールを皮切りに、直近のリーグ戦5試合で奪った10ゴールのうち、実に6ゴールがセットプレーによるものだ。
 
シーズン開幕で3試合連続での失点や、第1ステージの14節の横浜戦でセットプレーだけで3失点を喫するなど懸念材料に、その対応が挙げられていたチームだが、シーズン終盤にきて、その不安は消え、むしろセットプレーは攻撃面の強みに変わろうとしている。
 
 甲府戦はまさにそれを象徴する試合だった。
 
甲府の堅守に苦戦し、セットプレー以外でシュートチャンスを迎えたのは、ほとんどなかったと言っていい。流れの中からディフェンスを崩すことができなかったが、セットプレーでは幾度も決定機を迎えていた。
 
下平隆宏監督も、甲府戦後、手応えを口にした。
 
「セットプレーでしっかり得点ができたということに関しては、すごく普段のトレーニングの成果が出ていると思う。そのへんはひとつの武器になってきていると思います」
 
D・オリヴェイラや中谷進之介らをターゲットにして、クリスティアーノが蹴る高精度のボールを入れる、迫力溢れるセットプレーは、いまやチームにおいて確実に強力な武器になっている。
 
中谷が「最近、(セットプレーは)自分たちの良い部分で、それを続けていこうと話しています」と語るように、選手もそれを自負する。
 
 また、中谷はセットプレーでの得点機が増えたことについて、理由を語った。
 
「ひとつはクリス(ティアーノ)のボールが単純に良いことですね。そして、練習中から本番により近づけてできてるので、中に入ってくる迫力も出てきました。それが一番大きなところかなと思います」
 
第2ステージ優勝を導く、柏の新たな武器に注目したい。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【柏 1-0 甲府 PHOTO】D・オリヴェイラの一発で柏が首位戦線に踏み止まる

最終更新:9/26(月) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。