ここから本文です

「勉強のために漫画を読む」なんて邪道です

JBpress 9/26(月) 6:05配信

 最近はこち亀が終了したということが話題になっていますが、いやあ、漫画って本当に、素晴らしいですよね。不倫は文化ではないかもしれませんが、漫画は間違いなく日本が世界に誇れる文化だと思います。

 今回は、私の数少ない趣味の1つである漫画の素晴らしさと人生との関係について、書いてみましょう。

■ 漫画が時代を作る

 麻生太郎さんが政治を『ゴルゴ13』から学んだという噂もあるように、私の食の知識はほとんど『美味しんぼ』から得ています。一番美味しい魚はサバですよ。仮に美味しんぼが間違ったことを書いていれば、私の知識も間違っています。従って、ゴルゴ13が嘘ならば、日本は間違った方向に進むわけです。漫画の影響力は絶大です。

 以前、ブログ記事で「投資はギャンブルだ」と書き、尖ったことを言ったつもりでいたのですが、驚くほど世間からの反発がなかったのです。これはどうしたことだろうと思っていたら、『インベスターZ』で神代主将が「投資はギャンブル」と断言しているではないですか。ああ、これで世間の潮目が変わって、今では投資はギャンブルというのは常識なんだなと納得しました。

 このように、世の中の常識を塗り替えるだけの力を、漫画は持っています。時代に合わせた漫画が売れるのではありません。漫画が時代を変えてきたのです。『ドラゴンボール』世代と『ワンピース』世代はモノの感じ方が違うのです。

 ちなみに私は、『スラムダンク』世代ですね。バスケをやっていましたが、始めたのは連載より先ですので悪しからず。

■ まれに他者との深い共感が得られる

 漫画好きは何となく、「恥ずかしい」と感じているものです。それだけに、好きな作品が共通した時の共感の深さは尋常ではありません。インテリ層に隠れ漫画好きが多いため、ビジネスにも役立ちます。いや、うまくやれば役立つんじゃないかな。小説などとは異なり、ディテールまで覚えていることが多いため、盛り上がります。

 「そこにシビれる!  あこがれるゥ!」など、さりげなく漫画の名台詞をつぶやいてみて、それに相手が反応した時の快感といったら、筆舌には尽くしがたいものがあります。反応しなければそのまま、何事もなかったかのように会話を進めていくスリルも味わえます。まさにローリスクハイリターン。お得なギャンブルです。

■ 漫画はお金がかからない

 漫画を楽しむには、あまりお金はかかりません。いや、全巻大人買いとかはしちゃだめですよ。それでも他の趣味と比べると安いとは思いますが、買うとお金がかかります。

 我が家には漫画は1冊もなく、ネットカフェを積極的に使っています。この辺は、「何度も繰り返して読みたい」という人もいるので、そこは好きなようにしてください。

 ちなみに、漫画喫茶(マンキツ)というとオタクなイメージになるので、ネットカフェ(ネカフェ)と呼んで下さいね。それでも、「ホームレスの人がいるんでしょ」みたいなイメージは残りますが、マンキツの響きよりはマシです。高級路線のネカフェは、きれいなものです。大人でも、ドリンク片手にかなり快適に過ごすことができます。

 コミックスを購入すると1冊400円くらいしますが、ネットカフェに行けば6時間パックで1800円くらいです。夜間や平日などの時間帯を選べばもっと安いです。6時間で1800円だとしても、5冊読めれば元が取れるわけです。圧倒的なコスパです。

1/2ページ

最終更新:9/26(月) 6:05

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。