ここから本文です

「白くない」エミー賞に、アラブの春を思い起こす - 保坂修司 イスラーム世界の現在形

ニューズウィーク日本版 9/26(月) 16:18配信

<米国でヒット中のテレビドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』のラミ・マレックが、エミー賞主演男優賞を受賞した。マレックはエジプト系米国人。さらには同番組のプロデューサー、サム・エスマイルもエジプト系米国人だ。今年はじめには「白すぎる」オスカーが議論になったが、本作には2011年のエジプトでの革命が投影されている>

 先日、米国の優れたテレビ番組やその出演者・制作者を表彰する、テレビ界のアカデミー賞といわれるエミー賞の発表があり、その主演男優賞に、米国でヒット中のテクノスリラー『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』の主演、ラミ・マレックが選ばれた。初ノミネートでの受賞という快挙である。

 MR. ROBOTは、日本ではAmazonの動画配信サービス、プライム・ビデオですでに配信されており、また、この文章が公開されるころにはAXNでも放送がはじまっているはずだ。内容はサイバーセキュリティー会社で働くコミュ障の若者が天才的なハッキング技術を買われて、クリスチャン・スレーターが演じるMR. ROBOT率いる謎のハクティビスト集団f-societyに参加、巨大コングロマリットと対決し、すべての借金消去を目指す、というものだ。ゴールデングローブ賞でもテレビドラマ部門賞と助演男優賞を受賞しており、米国での評価は高い。主演のマレックはゴールデングローブ賞でも主演男優賞にノミネートされていたが、こちらは受賞を逃している。

 今年のはじめ、米アカデミー賞の発表が近づくころ、アカデミー賞にノミネートされた俳優が白人ばかりだというのでマイノリティーの監督や俳優たちを中心に「オスカーは白すぎる」との批判が出た。それに対するアンチテーゼということもあろう、エミー賞では多様性が強調され、実際、受賞者は黒人、アジア系、インド系など多岐にわたった。

【参考記事】ハリウッドの人種差別は本当だった

 ラミ・マレックもその枠組みで語ることができる俳優の一人であった。マレックはロサンゼルス生まれだが、実は両親ともエジプト人というエジプト系米国人なのである(彼の名前はアラビア語的に発音すれば、ラーミー・マーレク)。エミー賞はアカデミー賞ほど白くはないが、マレックのドラマ部門の主演男優賞受賞は、マイノリティーの受賞としては18年ぶりだそうだ。実際、彼の受賞スピーチには「典型的な主演男優ではないぼく」とか「われわれはエンターテインメントだけでなく、社会的にも政治的にも進むことができる」というように、自分のマイノリティーとしての出自を強く意識した文言が含まれている(ただし、マレックが演じているのは白人の役)。

 ちなみに、マレックおよびその両親は、エジプト出身ではあるが、ムスリムではなく、エジプトの単性論派キリスト教会の信徒、すなわちコプト教徒である。米国にはニュージャージーやニューヨーク、そしてカリフォルニアを中心にコプト教徒のコミュニティーが存在し、その人口は最大100万人とも見積もられ、その数は近年、さらに増えているといわれている。

 米国で活躍する中東系の俳優は多いが、エジプト系はそれほどでもない。昨年亡くなった名優オマー・シャリフは例外的な存在だが、彼はエジプト生まれのエジプト人で、俳優としてのキャリアもエジプトではじめているので、「エジプト人」であっても「エジプト系」ではない。その意味では、エジプト系2世のマレックの活躍は今後の中東系・アラブ系のエンターテインメント分野への進出で重要な契機となる可能性を秘めている。

【参考記事】アラブ世界のメロドラマ事情



 実は、MR. ROBOTシリーズのプロデューサーであり、脚本も書いているサム・エスマイル(サーム・イスマーイール)もやはりエジプト系米国人である(ただし、彼はキリスト教徒ではなく、ムスリム)。MR. ROBOTでは、プロデューサーの方針なのか、最近の米国のエンターテインメント業界の傾向なのか、主要な配役をさまざまなエスニシティーに割り振っており、マレックのほか、ユダヤ系、黒人、日系、インド系、中国系などさまざまな出自の俳優が出演している。

 さて、MR. ROBOTの粗筋を思い出してほしい。いろいろ問題を抱えた弱者、とくに若者たちが、ICT技術を駆使して、強大な悪と戦うという構図。そして、プロデューサーがエジプト系米国人。中東に関心のある人であれば、2011年のエジプトでの革命を思い起こすにちがいない。2010年末のチュニジアに端を発した、いわゆる「アラブの春」は翌年1月、エジプトに飛び火、30年間にわたってエジプトに君臨した独裁者、ムバーラク大統領は打倒された。

 メディアでは、そのとき若者たちがインターネットを駆使して、多数の人びとを動員、結果的にはそれが巨大な権力を誇ったムバーラク政権を崩壊させたと報じられた。実際、エスマイルは、事件後しばらくしてエジプトにいき、若者たちがソーシャルメディアやテクノロジーを使って、国家や社会に対し怒りをぶつけているのをかっこいいと感じたといっている。また、アラブの春で顕在化した若者たちの不安や苦悩がMR. ROBOTの物語に投影されていることを告白している。f-societyのメンバーたちがよく「革命」という語を口にしているのは象徴的であろう(ただし、わたし自身も含め、研究者の多くは、アラブの春におけるソーシャルメディアの役割は限定的だったと考えている)。

【参考記事】エジプトの人権侵害を問わない日本のメディア

 あれからすでに5年が経過、エジプトでは革命の熱狂はとっくに冷めてしまい、それどころか、状況は革命前よりも退行しているとさえいわれている。わたしはまだMR. ROBOTのシーズン1しか見ていないので、結末がどうなるのか、わからないが、エジプトの血を受け継ぐ若者たちがエジプトの現状を、米国のテレビドラマのなかに、どう織り込んでいくのか、あるいはいかないのか、興味あるところである。

保坂修司

最終更新:9/26(月) 16:18

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・ 6号
11/29発売

460円(税込)

ニューズウィーク日本版の前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。