ここから本文です

米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

ニューズウィーク日本版 9/26(月) 16:33配信

<政策もビジョンも経験もあり、大ぼら吹きでもないクリントンが、なぜトランプに負けそうなのか>

 明日夜に行なわれる米大統領選の第1回テレビ討論は、米大統領選の勝敗を大きく左右するかもしれない。民主党候補のヒラリー・クリントンと共和党候補のドナルド・トランプは、各種の世論調査でデッドヒートを演じている。クリントンに支持率で水を開けられていたトランプは、ここ数週間でかなりの挽回に成功した。異例尽くしの選挙戦にあって、どんな成果を出せば「勝利」になるのか。過去最高の視聴者数が見込まれる討論の前日、両候補の代理人がテレビで前哨戦を演じた。

【参考記事】トランプ当選の可能性はもうゼロではない

 テレビ討論での勝利の定義は両陣営ともシンプルだ。有権者が聞きたがっている問題について直接語りかけ、指導者としての資格を見せることだ。だが政策論議をどこまでも甘く見るトランプとの対決を余儀なくされたクリントン陣営は、ビジョンや政策を語る前に、彼女だけがトランプ発言の誤りを訂正するという二重の負担を負わされるのではないかと懸念している。視聴者には、これ以上トランプの中身のない発言を許容すべきではないと訴える構えだ。一方のトランプ陣営は、好感度の低いクリントンの性格や不正直さ、不透明さなどを有権者にいっそう印象付けることを狙う。

行儀さえよければトランプの勝ち?

 クリントン陣営のロビー・ムーク選挙活動委員長やティム・ケーン副大統領候補は、クリントンがトランプの馬鹿げた主張をいちいち訂正させられた挙げ句に、扇動的な発言を慎みさえすればトランプが優位に立つという不利な戦いに持ち込まれるのを心配する。トランプが月曜のテレビ討論でこれまでの選挙戦さながら無責任な言動を繰り返すかどうかに気を揉んでいる様子だ。

【参考記事】現実味を帯びてきた、大統領選「ヒラリー対トランプ」の最悪シナリオ

「トランプの嘘を訂正しながら国民向けのビジョンを説明しなければならないのは不公平だ」と、米ABCニュースの政治討論番組「ジス・ウィーク」に出演したムークは言う。「通常のテレビ討論なら、両大統領候補ともに深い経験があり、明確で具体的な政策を掲げているはずで、ドナルド・トランプのように嘘ばかり言う候補者が登壇するなど普通はあり得ない。だからこそヒラリーには、国民生活を向上させるために何をしたいかを視聴者にしっかり伝えるために一定の時間が与えられるべきだ」

【参考記事】討論会の勝敗を左右するメモの活用法



「ディス・ウィーク」に出演したトランプの選挙対策責任者ケリーアン・コンウェイは、クリントンの人柄についての疑問に焦点を当てた。トランプの嘘をつく傾向について聞かれると、彼女は質問を無視してこう答えたのだ。「ヒラリー・クリントンは良い候補者なのか本当に心配だ。アメリカ人の多くは彼女が嫌いだし、信用もしていない」

 クリントンのほうがはるかに誠実な候補者だ、という調査結果について聞かれても、コンウェイは再びトランプについての発言を拒んだ。「クリントンのような候補者が相手だと、正直かどうかは常に問題にならざるをえない。私用メール疑惑に関わった5人は免責になるし、銃を持つ権利はお気に召さないようだけど、人権のほうはどうでもいいみたい。彼女の真実がいかにいい加減なものかは、アメリカ中が知っている。明日のディベートでその本性が見られると思う」

 ムークは、クリントンにとっての勝利をこう定義する。「彼女が国民生活にもたらす大きな変化、雇用創出や医療費や学費の抑制などについて有権者に直接語りかけられることだ」

 一方、コンウェイはトランプの勝利についてこう語る。「聞かれた質問に答え、すぐにでも大統領と最高司令官になる用意があるということを見せることだ」

ニコラス・ロフレド

最終更新:9/26(月) 16:33

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

ニューズウィーク日本版の前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。