ここから本文です

恵比寿の隠れ家「肉イタリアン」を発見!女性が絶対に喜ぶデート店を抑えるべし!

東京カレンダー 9/26(月) 5:20配信

恵比寿駅西口から5分ほど歩いた場所に、カジュアルに肉&ワインが楽しめるレストラン『ロバット』があるのはご存知だろうか。

【この記事の全ての写真】

昨年の10月にオープンしてから、すでに恵比寿の食通には知れ渡っており、今後さらに人気となりつつある同店。その人気の秘密は今までの恵比寿にない“使い勝手の良さ”にあった。

東京カレンダーもまだ開拓できていなかった『ロバット』の全貌を一挙にお届けしていこう!

使い勝手の良さは場所にあり!

恵比寿にはがっつり気合の入ったデート向けの店は多いけれど、異性の同僚や友達と気軽に立ち寄れるこの手の店は案外少ない。やや駅から離れているため隠れ場のような雰囲気、そして場所もリキッドルーム近くなので落ち着いたエリアである。

一軒目としてはもちろんだが、平日はラストオーダーが25時までなので、二軒目として気軽に立ち寄れるのも嬉しい。それでいて、店内はレンガ調の壁を使ったシックな雰囲気で、相手と距離を近づけるカウンター席も用意。なんでも「口説けるカウンター席」として予約を入れる男性も多いという。

肉とチーズをメインとしたイタリアンベース料理を、美味しいワインと一緒に気軽に楽しめる。“こなれ感”がなんとも心地いい、ワインレストランなのだ。

まずは前菜とワインをオーダー。モッツアレラチーズに生クリームを入れて仕上げる「ブラータチーズ」はふわっと、声が出てしまうほどにクリーミー。

実はこのチーズ、賞味期限が一週間しかなく輸入ハードルが高かったのだが、ようやくこの1年でイタリアから日本に入ってくるようになったのを、いち早くメニューに取り入れた。上にはオリーブオイルと塩コショウ、はちみつをかけ、下には甘いカラフルトマトを敷き詰めている。

これに合わせるのが、フランス生まれの自然派ワイン「プールモンペール/シャトー・ド・ゴール」(ボトル6,000円)。果実味と樽のニュアンスを感じさせる銘柄で、飲んだあとには自然派らしい爽やかな余韻が残る。

『LOVAT』のワインセラーには常時200から300種類のワインが眠っており、その多くが酸化防止剤を極力使わない自然派ワインというこだわりだ。

1/3ページ

最終更新:9/26(月) 12:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。