ここから本文です

姫路の”パン作家”という名前の一軒家で天然酵母を使って焼き上げるドイツパン

CREA WEB 9/26(月) 12:01配信

 兵庫県姫路市をゆったりと流れる夢前川。山陽電車の夢前川駅から川の西岸沿いに北へ歩くこと10分余り。ひと際目立つ白いモダンな建物が、パンのお店「バッケン・ディヒター」です。白い壁には、麦の穂をあしらったロゴマーク。扉を開けると、クラシック音楽が流れる落ち着いたインテリアの空間。まるで、ヨーロッパの邸宅を訪ねたかのよう。パンが焼ける香ばしい匂いが漂っています。

「店内はベルリンのアパートメントをイメージしました。店名はドイツ語で“パン作家”という意味です」とご主人の永富武委(ながとみたけとも)さん。次々と焼き上がったパンがバスケットに盛られ、アンティーク家具やアイアンを使った什器に美しく並べられていきます。窓側にはカウンター席とテーブルが2つ。イートインができるコーナーもあるのです。

 永富さんは、1969年生まれ。製菓専門学校を卒業して大阪のホテルに就職し、配置されたのは製パンの部署。ドイツ人ブーランジェのもとで働いて、パンの奥深さに魅せられたのだそう。

 2002年に自店をオープンし、5年前に移転して今の場所へ。

「開店当初、ドイツパンは全く売れなかった。ドイツパンは泥臭くて地味ですが、味わい深い。パンを作って年を重ねるうちに、おいしい、面白いと思うようになりました。飽きがきませんね」とにっこり。

 まず、ドイツパンをご紹介しましょう。

「ロッゲンブロート」は、ライ麦粉100%で蒸し焼き。「ザワーブロート」は、ライ麦粉30%、全粒粉20%使用。どちらも、ライ麦粉から約10日間かけて自家採取したサワー種で発酵させているのが大きな特徴。

 ブロート=パンは、それぞれ、プレーンだけでなく、クルミやイチジク、ベリー類を生地に練り込んだものも作り、食べやすいよう工夫しています。噛む程にほのかな酸味と粉の風味が広がり、とてもおいしい。手にするとずっしり重い、存在感のあるこれらは、永富さんが「自店の味」と自信を持ってすすめるドイツパン。

 他にも、ドイツパンの代表といえる「ブレッツェル」や「ゼンメル」もあります。

1/3ページ

最終更新:9/26(月) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。