ここから本文です

肉食女子垂涎 ローストビーフ丼を徹底調査

NIKKEI STYLE 9/27(火) 7:00配信

 特別なときのごちそうだったローストビーフが丼になった「ローストビーフ丼」が人気を呼んでいます。丼ものというと男性のイメージでしたが、いまお店に足を運んでいるのは女性です。そこで、行列の絶えないお店の中から特に女性に人気の3店を厳選。価格、肉のボリューム、トッピング、行列状況などを徹底調査してきました。

■行列度No.1! ブームの火つけ役 [レッドロック(東京・原宿、高田馬場ほか全国に8店舗)]

 ローストビーフ丼を考案した先駆者「レッドロック」。都内では、原宿と高田馬場の2店舗を展開しています。原宿店ではオープン前から既に行列ができていました。さすがローストビーフ丼の生みの親。

 3~5時間、じっくりと火を入れた肉がらせん状に巻かれ、その上にかかったしょうゆベースの甘めの煮込みダレが食欲をそそります。ローストビーフは一枚一枚が大きく、圧倒的な食べごたえ! 酸味の少ないヨーグルトソースや卵と合わせるとマイルドな味わいに。ご飯にはピリ辛のタレがかかっていて、最後まで飽きずに食べられます。店内では携帯カメラのシャッター音があちこちで聞こえました。


 「1日に500~600食ぐらい出ます。よくある商材を、ビジュアル・おいしさ・量感・お値段などのバランスをベストな形で表現し、誕生させたのがレッドロック命名のローストビーフ丼です」と話すのは、同店を運営する有限会社アール・アンド・ビー守破離 webマーケティング部の増田有希さん。来店客の男女比は3:7で、やはり女性が多いのだそう。テーブル席のほかにカウンター席もあるので、女性1人でも利用できます。土日のピーク時は1時間から2時間待ちは必至です。

■ワインビストロでもランチ限定で提供 [Wine Bistro GOU STAND(東京・恵比寿)]

 恵比寿の「Wine Bistro GOU STAND」では、ご飯の上に薄切りのローストビーフがぎっしり積まれ、温玉が載っています。こちらの特徴は、箸で切れるほどの柔らかさ! そのまま食べるとほのかな肉の甘さと風味をダイレクトに味わうことができます。しょうゆベースのシャリアピンソースと一緒に食べると止まらなくなります。ワサビマヨネーズがピリッと利いて飽きないまま食べ進んでしまいます。

 メニューを考案したアトラス&カンパニー株式会社の小山裕介さんによると「一塊の内もも肉のスジを丁寧に取り除き、低温調理で火を入れたローストビーフ。あまたの試行錯誤の結果生まれたシャリアピンソース。食材から調理法までこだわり抜きました」とのこと。ピークタイムには10~15分待ちになります。女性比率は7割と、やはり女性が多数派です。

 ちなみに、丼だけでなくローストビーフバーガー(850円税込み)もありました。ディナータイムは丼はありませんが、ワインとローストビーフを楽しむことができます。

1/2ページ

最終更新:9/27(火) 7:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。