ここから本文です

都内某ホテル プール客平均推定60才で80’s風オイル塗りも

NEWS ポストセブン 9/27(火) 16:00配信

 世の中のオバさんたちに健康かつ美しく生きていくためにオススメのファッションをアドバイスをしてくれるファッションプロデューサーの植松晃士さん。今回は、年齢も時代も関係なく、自分の好きなことをやる姿勢を見習うべきと、エピソードを紹介します。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう。

 今回は私が残暑の東京で目撃した、衝撃映像についてのお話です。

 発端は、「プールに行きましょう」というお友達からのお誘いでした。皆さまご承知の通り、紫外線はお肌の大敵。私自身、肌を焼くなんて発想は1mmもないため、もちろん即刻お断りしました。しかし「まあ、一見の価値はあるから」と何度も誘われ、「じゃあ、私は日陰でランチをいただくわ」ということで出かけたんです。

 時は8月。太陽がぎらぎらと輝く真っ昼間の11時。場所は都内港区にある某ホテル。16才以下お断りというプールを目指し、階段を下りていくと…。見渡す限り、大人の水着の群れ。アラフィフの私なぞ、まだまだ若造です。20代とおぼしきお嬢さんもちらほらいたのですが、全体の平均年齢は推定60才。

 熟し切った年代のかたがたが、女性はビキニ、男性は「どこでご購入されたんですか?」と取材しそうになったブーメラン(布の面積が極小でボディーぴったぴたの男性用水着)姿でした。

 ある男性は、松崎しげるさん顔負けの、真っ黒に日焼けした体をデッキチェアに悠々と横たえ、傍らには日焼け用のオイル。日焼け止めじゃなく、オイルですよ。しかも特大サイズ。

 パートナーとおぼしき女性も当然、日焼けを気にする様子はなく、炎天下での読書などを楽しんでいらっしゃる。

 太陽が真上に昇るほどにプールサイドには人が集まり、常設の木製デッキチェアだけでは足りなくなって、ビニールのデッキチェアまでかり出されていました。

 思い起こせば、1980年代。日焼けは美徳とされていた時代、都内ホテルのプールでは、このような光景が繰り広げられておりました。若者たちがオイル片手に、裏も表もムラなくこんがりと焼くことに心を砕いていたものです。

1/2ページ

最終更新:9/27(火) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。