ここから本文です

“ふわふわ食感”のパンケーキ専門店が吉祥寺にオープン!

東京ウォーカー 9/27(火) 13:19配信

“ふわふわ食感”のパンケーキ専門店「幸せのパンケーキ」が、9月29日(木)に都内3店舗目を吉祥寺にオープンする。

【写真を見る】吉祥寺店だけの限定パンケーキとなる「クラシカルフランボワーズパンケーキ」(1380円)

「幸せのパンケーキ」は、2015年11月に表参道店がオープン。直後から話題を集め、多数のメディア取材を受け、一気に行列店となった。

通常のパンケーキとの大きな違いは、その“ふわふわ食感”。材料はベイキングパウダーを使わない無添加素材にこだわり、作り置きではなく一つひとつの仕込みを焼く直前に行っている。

また、通常は数分程度で焼き上げるところを、蒸し焼きにするなど20分間以上の工程をかける特殊な焼き方を採用する。パンケーキの上のホイップバターは、ニュージーランドから直輸入する高純度のマヌカハニーと北海道の生乳で作った発酵バターを使うなど、手間ひまをかけたその調理工程に美味しさの秘密がある。

自然色をベースにした落ち着いたインテリアが揃った吉祥寺店では、焼き上げる調理工程を見ることができるオープンキッチンを採用した。さらに、吉祥寺店だけの限定パンケーキとなる「クラシカルフランボワーズパンケーキ」(1380円)も用意。口どけのよいホワイトチョコのムースと、芳醇な香りが魅力のフランボワーズの味わい深い組み合わせを、パンケーキと一緒に楽しめる。

“ふわふわ食感”のパンケーキを味わって、幸せになろう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9/27(火) 13:19

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。