ここから本文です

アニメ「境界のRINNE」第3シリーズ放送決定!

Smartザテレビジョン 9/27(火) 19:21配信

'17年春からのNHK Eテレアニメとして「境界のRINNE」第3シリーズが放送されることが決定した。“死神みたい”な高校生・六道りんねと冷静沈着なヒロイン・真宮桜を中心に繰り広げられる学園&霊界ラブコメディーだ。

第3シリーズでは新たに“ショッピングモールの姉”と呼ばれる占い師、姉祭・アネット・瞳(あねまつり・アネット・ひとみ)が登場し、物語を盛り上げる。そして、ついに六道りんねの出生の秘密が明らかにされる。

原作者の高橋留美子は「皆様のおかげで、めでたく第3シリーズを放送していただけることになりました。ありがとうございます。人としてダメなところが個人的に気に入っているアネットが見られてうれしいです。難しいことを考えないでくつろいで、そして家族みんなで楽しんで見ることができる作品ですので、ぜひ第3シリーズもご期待ください」とコメント。

六道りんね役の石川界人は「新シリーズではアネットさんも登場し、さらにキャラ同士のいろいろな接点が増えていきますので、りんねと桜以外の物語にも注目していただけるとうれしいです」と見どころをアピールした。

真宮桜役の井上麻里奈は「第2シリーズ、本当に楽しく終えることができました。そして、第3シリーズが決定し、キャスト一同とてもうれしいです。私たちが本当に楽しんで演じているのが、画面を通して伝わっているかなと思います。みんなで愛を込めて、新シリーズも頑張っていきますので、ぜひご家族で楽しんでいただきたいです」と意気込みを語った。

最終更新:9/27(火) 19:21

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。