ここから本文です

スーパーフォーミュラ6戦はルーキーが圧巻の走りで今季2勝目!

東京ウォーカー 9/27(火) 21:31配信

「2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第6戦 スポーツランドSUGO」が、9月25日(日) 宮城県柴田郡のスポーツランドSUGOインターナショナルレーシングコースにて行なわれ、関口雄飛(イトウチュウ エネクス チーム インパル)が、今季2度目となるポールトゥウィンを果たした。

【写真を見る】インパル星野監督と関口

今年デビューシーズンの関口は、途中で導入されたセーフティカーにより、ピットインのタイミングを逃したものの、リスタート後に他選手より1秒以上速い圧巻の走りを重ねチェッカーフラッグを受けた。2位は、中嶋大祐(ナカジマ レーシング)、3位は、野尻智紀(ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング)が続いた。

この結果、関口雄飛がドライバーポイントでトップに返り咲き、最終戦を前に年間チャンピオンに大きく近づいた。しかし、最終戦で獲得可能な18ポイント以内に、12人がひしめく大混戦状態。

次戦は、10月29日(土)、 30日(日)の二日間、三重県・鈴鹿サーキットで最終戦が行われる。【東京ウォーカー】

最終更新:9/29(木) 22:57

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。