ここから本文です

脱シワシワ!麻シャツ・ジャケット「しまい洗い」のコツ

東京ウォーカー 9/27(火) 22:00配信

夏に活躍してくれた麻素材のシャツやジャケット。来シーズンも快適に着るためには、汚れ落としはもちろん、シワや形崩れを防いで「しまい洗い」したいもの。特に形崩れが心配なジャケットは、この方法を試してみて!

【写真を見る】麻のジャケットは前処理後、二つ折りにして、サイズの合った洗濯ネットにぴっちり入れて洗うのがコツ

■ 麻素材のシャツ

1.おしゃれ着用洗剤を使って前処理を行なう/デリケートな麻は、色あせや形崩れを防ぐために、おしゃれ着用洗剤を使って。黒ずみ汚れが気になる衿や、汗汚れが気になるわき周辺に、おしゃれ着用洗剤を直接つけてキャップの頭部分でトントンたたいて生地になじませ、前処理します。

2.ボタンは留めずに畳んでネットに入れる/布の重なり部分は汚れが落ちにくくなるため、ボタンは留めずにブティック畳みにします。洗濯ネットの中で動かないよう、サイズが合ったものにぴっちり入れ、おしゃれ着用洗剤を使って洗濯機のドライや手洗いなどのやさしいコースで洗いましょう。

3.脱水後はすぐに取り出し、シワを伸ばして干す/脱水後は直ちに取り出し、両肩を持って上下に大きくバサバサと振りさばきます。衿は両端を持って左右にピンと引っ張ってからハンガーへ。形を整え、衿を立てて、屋外に干すときはいちばん上のボタンだけを留めて陰干しします。

■ 麻素材のジャケット

1.半分に折り畳んでネットに入れる/上記のシャツ同様、前処理をします。ボタンを留めず、袖を前に置き、前身ごろが内側になるよう二つ折りにします。サイズの合った洗濯ネットへ入れ、おしゃれ着用洗剤を使ってドライや手洗いなどのやさしいコースで洗います。

2.ハンガーにタオルを巻いて掛ける/洗濯後は綿シャツ同様にシワを伸ばします。形崩れを防ぐため、肩のサイズに合うようタオルを巻いたハンガーに掛け、ボタンを外したまま陰干しします。袖口に乾いたタオルを丸めて入れておけば、重みでシワも伸びて、きれいに仕上がります。

これでデリケートな麻素材の衣類も、シワ&形崩れなし!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/27(火) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。