ここから本文です

水谷豊が「ソリいいね!」とご満悦の反町隆史が長期『相棒』に確定か

週刊女性PRIME 9/27(火) 6:00配信

「’14年の『シーズン13』で初登場した仲間由紀恵さんですが、出番は3回のみのゲスト扱いでした。2シーズンぶりの復帰となった今作では、“4代目”の反町隆史さんに並ぶ主要キャストとして出演するそうです。でも、本来なら水谷豊さんの新『相棒』になっていたとの話も絶えず……」(テレビ誌記者)

 水谷豊主演のテレ朝系ドラマ『相棒』も、10月12日から『シーズン15』に突入。’00年の単発に始まり’02年からシリーズ化、16年間で相棒も4代目に引き継がれている。昨年の『シーズン14』から、その大役に抜擢されたのが反町隆史だった。

 しかし、就任当初からもっぱら、こんなウワサもささやかれていた。

「彼はあくまで“本命”が就任するまでの“つなぎ”で、1シーズンの限定出演と言われていました。というのも仲間さんは、昨年の放送同時期に森光子さんから引き継いだ『放浪記』に出演。尊敬する森さんの舞台とあっては、いくら『相棒』といえども先送りにするしかなかったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 だが、仲間の起用は揺らがなかった。『シーズン13』から担当するプロデューサーは、彼女の代表作のひとつ『TRICK』(テレ朝系)を手がけてきた人物。彼女と番組の信頼関係は、すでに築かれていた。

「当の仲間さんも“『相棒』のためなら”と、スケジュールは昨年の時点で空けていたといいます。多忙な大女優ですからね」(芸能プロ関係者)

 来年1月にはWOWOWで主演ドラマの放送も控えている仲間だが、撮影は今夏に行われており『相棒』に支障はなさそう。5代目就任に向け準備が整っていたようだが、

「昨年に顔合わせをすませるとすぐに意気投合、水谷さんが“ソリいいよ、ソリいいね!”と、かなり反町さんを気に入っちゃったんですよ(笑)。

 演技に対する姿勢もそうですが、反町さんは撮影外のところで自然な気遣いをするんですよ。その後、すっかり水谷さんの聞き役になっていますし、もはや現場から彼をはずせない状態だとか」(テレビ局関係者)

 これまでにラーメンやホルモン鍋など、各ロケ先の美味しい名物を自身の足で“捜査”しては水谷に報告する反町の姿を「週刊女性」は報じている。相棒というよりは上司と部下のような関係にも見えるが、その働きぶりにご満悦のようだ。

「もしかしたら、そんな水谷さんの“ひと声”で4代目続投が決まったのかもしれませんね。そして今後長らく、反町さんが相棒を務めるのでは、と言われています。

 というのも、今回の『相棒』出演が終わったら、仲間さんが妊活を始めることも考えられるからです。夫の田中哲司さんも50歳ですからね。そうなると来年以降の撮影参加は実質、難しくなるかもしれません」(芸能プロ幹部)

 劇中では1児の母親でもある仲間。水谷にとって初の女性相棒、そしてママさん相棒となる日が来るか。

最終更新:9/27(火) 6:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。