ここから本文です

ギフトエコノミーで生まれた手作り人形、世界に広がる

オルタナ 9/27(火) 13:45配信

個人の所有を減らし、共有し合うギフトエコノミーの街で作られている人形が世界に広がっている。これまでに500万体以上が作られ、80カ国に配られた。作り手は、「津波で受けたトラウマの癒やしに有効」と言う。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

この人形の名称は「ツナミカ」。企画したのは、インドでエシカルファッションブランド「UPASANA」を立ち上げたウマ・ハイマバティ氏。ウマ氏は、ギフトエコノミーが広がるインド・オーロビルで暮らしており、助け合いの精神に基づき事業を行っている。

そのため、このツナミカも販売はしていない。落ち込んだ人や不安を抱える人などを励ますギフトとして、無償で配布してきた。作っているのは、スマトラ沖地震による津波で、被災しインドの漁婦たち。ウマ氏は彼女たちをエンパワメントするために、ツナミカを企画した。
これまでに、600人以上の漁婦が作り方を教わった。

この人形の素材は、縫製工場でゴミとして出た布を使っている。ツナミカは2005年から作られ、これまでに500万体以上が世界80カ国に贈られた。インド政府やUNESCO(ユネスコ、国際連合教育科学文化機関)などから、功績を評価された。

ツナミカについてウマ氏は、「友情や愛情の証として存在している。傷ついた人の心を癒したい」と話す。ウマ氏は9月29日まで、ベルサール渋谷で開かれている「インドトレンドフェア」に出展中。

Upasanaでは、エシカル・ファッションを学びたい学生や、関心のある方のインターンシップを受け入れている。連絡先はDana Village(contact@danavillage.com)まで。

最終更新:9/27(火) 13:45

オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「持続不可能」な漁業との決別
なぜ待てない? 資源の回復に必要な「我慢」
違法漁業や人権侵害、高まる企業リスク
ビジネスで追及する「真の美しさ」とは

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。