ここから本文です

気さくすぎる!ジョギング中のトム・ハンクス、結婚式に飛び入り参加「やあやあ、おめでとう」

GQ JAPAN 9/27(火) 17:52配信

“ミスター・ハリウッド”の異名を取る大スターでありながらも、度を超えた親しみやすさで広く愛されているトム・ハンクス(60)。過日、『ハドソン川の奇跡』のプロモーションで来日した折には蕎麦屋を訪れ、ほろ酔いのサラリーマンと共に楽しそうにテーブルを囲む写真をTwitterに投稿し、話題となった。

【花嫁が「オーマイゴー」連発!トム・ハンクスが声をかけた瞬間の動画&写真はこちら】

そして帰国後も早速、持ち前の人懐こさを発揮していた。

9月25日、ニューヨークのセントラルパークをジョギングしていたハンクスは人だかりを見つけた。どうやら結婚式のようだ。ハンクスはトレーニングウェアのまま新郎新婦のもとに駆け寄り、「おめでとう!」と声をかけた。気さくすぎるでしょ……。

スクリーンの中でしか見たことのない有名人の登場に、花嫁は「Oh my God!」を連発。ハンクスは恭しく花嫁の手の甲にキスを送り、名前を尋ねて「ライアン、(こんなに美しい花嫁と結婚できて)きみはラッキーな人だ!」とジョークを飛ばしながら、ちゃっかりスリーショットに収まって2人の結婚を祝福した。

その後、ハンクスは「エリザベス&ライアン!おめでとう、そしてお幸せに!ハンクス」というメッセージとともに3人のセルフィーをTwitterで公開し、幸せな2人を1200万人のフォロワーに紹介した。

写真を撮影したフォトグラファーも、3人の様子をInstagramで公開。「昨日のウェディングは本当に素晴らしかったわ!エリザベスとライアンは素敵なセレモニーのプランを立てていたんだけど、そこに花を添えてくれたのがトム・ハンクス!セントラルパークで立ち止まって、お祝いをしてくれたのよ」と、こちらも興奮冷めやらぬ様子。

新郎新婦のみならず、その場に居合わせた人にとって忘れ難い思い出となったことだろう。

岩崎昌子

最終更新:9/27(火) 17:52

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて