ここから本文です

季節の変わり目は「水」も変えどき?美肌のためにチェックしたい成分とは

OurAge 9/27(火) 15:00配信

「水は、基礎代謝や新陳代謝など、ひとのカラダの中の様々な代謝活動を支えています。紫外線に疲れた夏の肌を、しっとりとした秋肌へとスムーズに生まれ変わらせるには、新陳代謝を上げてゆくことがとても大切です」と語るのは、水ソムリエ&飲泉師の竹村和花さん。

ミネラルウォーターには色々なミネラルが含まれているが、美肌成分として注目したいのはマグネシウム、カルシウム、硫酸塩(サルフェート)だという。

◆マグネシウム
「約300種類の酵素の働きを助けるミネラルだとされています。肌のもととなるタンパク質の合成やエネルギー代謝、筋肉の動き、血圧や体温の調整などにかかわっています。血行が良いと、カラダの細胞の隅々まで新鮮な酸素や栄養分が行きわたるため、自然と透明感のある美しい肌が生まれてきます。また、赤ちゃんのお通じ薬に使用されるなど、ゆるやかで自然な排便作用があります」

◆カルシウム
「カラダの中の生理機能を調整し、ココロを安定させる働きがあります。カラダの内側とココロの両面でストレスに対する抵抗力をつけてくれる成分です。カルシウムを取る時にはマグネシウムの2倍の量を取ることが重要です」

◆硫酸塩(サルフェート)
「新陳代謝を高める働きがあるほか、体内の老廃物やアンモニアなどをおしっことして排出する利尿作用をサポートする働きがあります。またアセトアルデヒドを体外に排出する働きなどもあることから、二日酔いを和らげてくれる効果があるとされています」

美肌の基本は、カラダの内側からつくられる「強さ」と竹村さん。

「季節の変わり目の今こそ、ちょっとした環境の変化に対する、基本的なストレス体力を高める必要があります。暮らしのリズムを整えることはもちろんですが、カラダの内側から肌を元気にしてくれるミネラル成分にも少し気をつけてみてくださいね」

最終更新:9/27(火) 15:00

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ