ここから本文です

桑田佳祐、新シングル『君への手紙』を“いいふみの日”に発売決定 年越しライブも開催へ

リアルサウンド 9/27(火) 4:00配信

 桑田佳祐が、ニューシングル『君への手紙』を発売することを発表した。

 発売日は、タイトルの“手紙”にちなみ、“いいふみの日”の11月23日に決定。表題曲である「君への手紙」は、生ギター一本で始まり、60s風のビートポップ・フレイバーがメロディに漂う、クールでスイートなロッカ・バラード。桑田の独白のようでいて、大切な友へと語りかけるようなメロディとメッセージがしみわたる楽曲となっている。

 桑田は、同曲が生まれた経緯について、「映画『金メダル男』の主題歌として書き下ろしました。監督であるウッチャン(内村光良)から手紙でオファーをもらったんです。だからあらすじをなぞったりするのではなく、“僕はこの映画を観て、こう感じましたよ”と “返事の手紙”を書くように作りました。手紙の書き方って、時候の挨拶から始めようと、そのあと筆がどこへ逸れようと自由じゃないですか? だから自然と、湧き上がるがままに書き連ねることで生まれた曲ですね」とコメント。

 同曲の映画とのシンクロについては、「映画とは程良い距離感で作っていたつもりが、気付けば最後にはどちらも同じゴールを目指していた。映画の主人公は、挫折してもチャレンジし続ける。挫折した後の孤独は僕にも経験があったし、だからこそ夢に向かう人にガンバレと言いたくなった」と語っている。

 さらに、サビで切々と歌い上げられる“Brother, sister, mother & father”という印象的なフレーズについては、「人はひとりでは生きられない。それが人生じゃないかなぁと思うんですよ。そりゃ“オレはなんでも出来るんだ”と、若い頃は思うものだけれど、結局は自分のこれまでを振り返っても、周りの大勢の人達に助けられてこそのものだろうしね」とコメントしている。

 また、同作品の初回限定盤は、桑田佳祐直筆による手紙が入る仕様となっており、歌詞が書かれた便箋や切手風のステッカーなどが封筒に封入されるという。

 そして、ソロとしては、2012年以来4年ぶりとなる恒例横浜アリーナでの年越しライブを開催することもあわせて発表された。タイトルは、『桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~」 』。日程は12月27日、28日、30日、31日の4日間にわたって開催され、最終日の大晦日公演は、全国12都市でライブ・ビューイングも行われる。ライブ・ビューイングについては、シングル『君への手紙』初回限定盤のみの“年越しライブお楽しみ特典!”として参加応募券が封入される。

 なお、本日9月27日より、『君への手紙』シングルスペシャルサイトがオープン。YouTubeではスペシャルショートムービーも公開されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/27(火) 4:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。