ここから本文です

欧州蹴球4コマ漫画:チェルシーを撃破したアーセナルの「隠れた殊勲者」

SOCCER DIGEST Web 9/27(火) 12:07配信

この日は出番がなかったルーカス・ペレスだが…。

 人気イラストレーターのJERRYが、欧州サッカーをファニーな4コマ漫画で切り取る「GOOD TIMES BAD TIMES」。

【日本代表】9月の最終予選ではノーゴール…。香川をスタメンから外すべきか?

 第8回のテーマは、9月24日のアーセナル対チェルシー戦(プレミアリーグ6節)だ。

通算188回目を迎える「ビッグロンドン・ダービー」は、アーセナルがアレクシス・サンチェス、セオ・ウォルコット、メスト・エジルがゴールを決めて、3-0と意外な大差が付いた。

その「隠れた殊勲者」が、この日は出番がなかったルーカス・ペレスだったとか。今夏にデポルティボから加入したFWは試合前、記者に扮して相手の新戦力のダビド・ルイスとエヌゴロ・カンテ、そして今シーズンはレギュラー落ちしているセスク・ファブレガスに際どい質問をぶつけて、動揺を誘っていたのだ。

 実際、この3人を含めてチェルシーの選手たちはいつもの力強さと鋭さを欠いていた。まだイングランドでは顔が知られていない新加入FWによるアーセナルの“陽動作戦”は、大成功したのだった。

最終更新:9/27(火) 12:07

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。