ここから本文です

神コンビ“スダナナ”! ふたりが語る赤裸々LOVE論が深イイ件 [ViVi]

講談社 JOSEISHI.NET 9/27(火) 18:01配信

今をときめく小松菜奈ちゃんと菅田将暉くんがW主演した映画「溺れるナイフ」では、一生にたった一度の破裂しそうな恋が描かれる。いわゆる胸キュンなスイーツ的恋愛とは程遠い、もっと苦しくて痛くてままならない恋。17日間の撮影は、菅田くん曰く「濃密な時間だった」。監督はヒロインを導き、スクリーンに、芝居ではない、本物の感情を映し出した。……などと書くと、重たくて難しい映画を想像するかもしれないが、映像の中の2人はとにかく生々しくて美しい。原作ファンからは“神キャスト“と言われていることを伝えると、菜奈ちゃんは「うれぴょんだね!」とおどけて言い、菅田くんを見つめる。話すときはキュートでポップ。でも一度カメラの前に立つと……。

― 小松菜奈 ―

好きな人を思う感情の中に愛が存在したことも、ずぶずぶ溺れてしまったことも、まだないかもしれない。

愛について、真剣に考えたことってないかもしれません。好きな人との愛に溺れてしまったことも、きっと、まだないですね。“恋“のほうが、身近な存在です。愛って、とにかく“大きいもの“って気がする。普段は意識していなくても、気づくとそこにあるような。“私にとっての愛とは?“……難しい。今は答えられないですね。でも、菅田くんと今作を演じるにあたり感じた“苦しみ“が、愛のカタチに近いのかなと思いますね。

― 菅田将暉 ―

恋人は、「今何してるかな?」って思い出す。でも、家族とか愛する人のことは、「ちゃんと生きてるかな?」って思う。それが愛。

感情を言葉にするならば、“愛してる“より“好きです“って表現のほうが、今の自分にはしっくりきます。“愛してる“って言うことで自意識を高めて、そう思い込もうとしてるんじゃないかと疑ってしまう。愛自体に意味なんてない気もするし……ってこんなこと真面目に話してる自分が恥ずかしいですけど(苦笑)。でも、しいて言うならば愛している人のことは、今何してるかということより、“ちゃんと生きているだろうか“と心配をするんだと思う。

1/2ページ

最終更新:9/27(火) 18:01

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。