ここから本文です

炭化した古代巻物を開かず解読、歴史の空白埋める

ナショナル ジオグラフィック日本版 9/27(火) 7:30配信

イスラエルの「エン・ゲディ文書」、年代も新たに判明

 今から1500年前ほどに、死海の西岸にあるオアシスで大火事が起きた。荒れ狂う炎は、何百年も前から栄えていたユダヤ人の街を焼き尽くしたが、シナゴーグと呼ばれる礼拝所の聖櫃は焼け残った。聖櫃の中には動物の皮でできた巻物がおさめられていたが、熱で炭化し、もろくなってしまった。

イラストも文字もまったく意味不明、ボイニッチ手稿

 この巻物は1970年に発見され、エン・ゲディ文書と名付けられた。無理に開こうとすると粉々になってしまうおそれがあるため、イスラエル考古学庁はそのままの状態で何十年も慎重に保管してきた。しかし昨年、科学者チームはこの巻物をスキャンしてバーチャルに「開き」、中に隠れていた文章を解読することに成功したと発表した。今回、その詳細が正式な科学論文として発表された。

 論文の著者である米ケンタッキー大学のブレント・シールズ氏は、デジタル技術を駆使して損傷した文書を解読する専門家だ。「私は20年前から、この技術の開発に取り組んできましたが、今こそエン・ゲディ文書を『開く』ときだと確信できたのです。今回解読が成功し、損傷した文書のいくつかの文字とか言葉を読み解くというレベルでなく、テキスト全体を復元しうることが裏付けられました」

 2015年、シールズ氏らのチームは予備スキャンの結果として、エン・ゲディ文書が6世紀の聖書の写本で、レビ記の一部を記した部分が含まれていると発表していた。しかし、2016年9月21日にオンラインの学術論文誌『Science Advances』に発表された完全なCTスキャンからは、さらに興味深い事実が明らかになった。

歴史の空白を埋める

 明らかになったことの一つは、エン・ゲディ文書には文章がもう一段含まれていたこと。そこにはレビ記の最初の2章が書かれていることが裏付けられた(皮肉なことに、レビ記は、祭壇でいけにえを焼いて神に捧げる「燔祭」についての記述から始まる)。そしてもう一つ、放射性炭素年代測定を行ったところ、巻物がこれまで考えられていたより少なくとも200年は古く、1700~1800年前のものかもしれないとの結果が出た。実際、この文書の独特な筆跡は紀元1~2世紀のもので、そうなると、当初推定されていたより500年近くも前のものということになる。

 学者たちを驚かせたのは、このテキストがレビ記の一節であったことではない。英ケンブリッジ大学の講師ジェームズ・エイトケン氏は2015年の発表時に、「レビ記の一節が記されていたこと自体は、特に意外ではありませんでした。聖書のほかの部分と比べると、この部分が記された文書はたくさんあるはずです。レビ記のヘブライ語は文体が単純で反復が多いため、子供たちの書き取りの練習に使われていましたから」と説明している。

 一方、エン・ゲディ文書の推定年代は驚きをもって迎えられた。研究チームが主張するように、この文書が死海文書とカイロ・ゲニザ文書(ゲニザとは中世のヘブライ語文書の保管庫のこと)の中間の時代のものであるなら、聖書のテキストの歴史にあいていた数世紀分の空白を埋めることができるからだ。

1/2ページ

最終更新:9/27(火) 7:30

ナショナル ジオグラフィック日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。