ここから本文です

「まるでエア・ジョーダン!」 不惑目前でセリエA歴代2位250得点のトッティを伝説の名将が賛辞

Football ZONE web 9/27(火) 7:00配信

1994年W杯でイタリアを準優勝に導いたサッキ氏が激賞

 ローマの“永遠の王子”である元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティは、27日に40歳の誕生日を迎える。そして、30代ラストゲームとなった25日の敵地トリノ戦で後半から出場すると、PKを成功。1-3で敗れた試合で一矢報いた英雄はセリエA通算250ゴールという金字塔を打ち立てた。元イタリア代表監督のアリゴ・サッキ氏は「彼のキック精度はマイケル・ジョーダンのようだ」と、伝説的なバスケットボール選手をたとえに出して絶賛している。イタリア地元紙「コリエレ・デラ・セーラ」が報じた。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 ローマはトリノ戦の前半で0-1とリードを許したなか、ハーフタイム明けのピッチに背番号10・トッティが登場。ローマは後半8分に2点目を奪われるが、直後の同10分にPKのチャンスを得ると、キッカーはトッティが務めた。助走のラスト一歩で自分から見て右に飛んだイングランド代表GKジョー・ハートの動きを見極めるように、逆の左側に難なくゴール。これが25シーズン目で達成したセリエA通算250ゴールとなった。

 1994年アメリカワールドカップでイタリア代表を準優勝に導き、ゾーン・プレス生みの親とも称されたサッキ氏はトッティに対して賛辞を惜しまなかった。

「タレントというものはあくまでも、インテリジェンスを兼ね備えていなければならない。彼はトップ下かFWかと言われるが、それはどうでもいいことだ。重要なのは、彼が常にピッチの中で、どんな場所でも時間でもチームのためにプレーできる選手だということ。彼は組織化させたチームの中で攻撃に最高の仕上げを施して、ゴールも生み出すことができる」

競技の枠を越えてバスケット界のスーパースターと並ぶほどの精度

 トッティは常にチームプレーができる選手であると称賛。そして、キック精度は伝説のバスケット界の名手に匹敵するという。

「フリーキック、アシスト、クロスやロングパス、そしてシュート。彼のキック精度は、まるでマイケル・ジョーダンのようだ」

 足を使ってボールを扱う競技でありながらその精度が極めて高く、“バスケットボールの神様”と評されるNBAシカゴ・ブルズなどで活躍した伝説的な名手にたとえられていた。

 トッティはこのゴールで歴代2人目の250ゴール達成者となった。歴代1位は1930年代から40年代にかけて活躍したシルビオ・ピオラ氏の274ゴールだ。不惑を迎えるローマの王子様は衰えを知らない活躍を見せている。このままセリエA歴代トップの高みにたどり着けるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/27(火) 7:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。