ここから本文です

アーセナルFWの“ダービー快勝”ツイートにチェルシー英雄が応戦! 宿敵をある動物にたとえて…

Football ZONE web 9/27(火) 9:42配信

“ロンドン・ダービー”に快勝のアーセナル 2点目を決めたウォルコットが歓喜の投稿

 アーセナルは24日の本拠地チェルシーとの“ロンドン・ダービー”に3-0で快勝し、宿敵相手に2011年以来となるリーグ戦での勝利を収めた。

【写真】”育成の達人”ベンゲル アーセナルでの20年で獲得し育てた「10人の才能」

 イングランド代表FWセオ・ウォルコットは前半14分に、華麗なパスワークからチーム2点目となるゴールを決めた。中盤での細かい連携からMFアレックス・イウォビが右サイドを駆け上がったDFエクトル・ベジェリンにスルーパス。ベジェリンからの完璧なクロスをダイレクトで決めた。

 17日の前節ハル・シティ戦(4-1)でもゴールを決めていたウォルコットは今季好調をキープ。自身のツイッターで「3-0」というメッセージとともに、満面の笑みの絵文字6連発で宿敵からの勝利を祝った。

 この喜びのツイートに反応したのはチェルシーのレジェンドで、現在は米MLSモントリオール・インパクトでプレーするFWディディエ・ドログバだった。プレミアリーグ通算104得点を誇り、異次元のフィジカルによってアーセナル戦でもゴールを量産してきた男のツイートは高圧的なものだった。

勝利を喜ぶウォルコットに上から目線で…

「我が弟のセオ・ウォルコット、勝利おめでとう。しかしながら、猫がいなければ、ネズミは楽に踊れるというものだな」

 自らを猫にたとえたスタンフォード・ブリッジ(チェルシーの本拠地)の英雄は、小躍りするウォルコットらアーセナルをネズミ呼ばわり。大西洋を越えて、リーグ4連勝と好調のガナーズに睨みを利かせている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/27(火) 9:42

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。