ここから本文です

水が好きな人はアクティブで恋愛に関しても積極的?

@DIME 9/27(火) 11:30配信

コンビニやスーパーに行けば、じつにたくさんのミネラルウォーターが棚に並び、消費者の選択肢はここ10年ぐらいで大幅に増えた。一方で、家庭用の浄水器の売り上げも伸び続けている。それほど、普段から水を愛飲する人が増え、人々の暮らしになくてはならない、身近なものとなっていることがわかる。ドイツ生まれの家庭用浄水器メーカー、BRITA Japanが一昨年、20代~60代の男女400人を対象に実施した「水に関する意識調査」によると、若い人のほうが水を好む傾向があることが判明。消費増税以降、節約のひとつの習慣としても水を好む人が増加していることが明らかになった。

■若さのしるしは水好きから?

 調査では、「一日の中で、何を一番飲むことが多いですか?」という質問に対して、「水」と答えた方が1番多いという結果になった。続いて、コーヒー系飲料、緑茶という順に回答。反対に、ジュースや果実飲料、紅茶系飲料や、甘味のある炭酸飲料に関しては、比較的どの年齢にでも多く飲まれていないということが分かった。

 また、「外出先でよく買う飲み物」について聞いたところ、40歳を境に、「水」を選択する人が急激に下がり、「緑茶」の人が増える傾向がわかった。この結果から、若い人程水を好み、年齢を重ねると水よりも緑茶を好むようになる傾向が見られるということが明らかになった。

「どのようなタイミングで水を飲みますか」という質問に対して、寝起きやお風呂上がりに飲む人が飛びぬけて多いことがわかった。体重の6割が水で出来ているといわれているため、こまめな水分補給は健康はもちろんのこと、美容やアンチエイジングにもよいと言われている。

■節約の第一歩として、水を好む人が増加

 2014年4月から始まった増税により何か飲み物の志向が変わったかを見るため、増税後の飲み物の購買や飲み物への意識を調査。その中でも、「増税後に飲むことが増えたと感じるものは?」という問いに対し、「水」と答えた方が一番多く全体の16.8%という結果になった。また反対に「飲むことが減ったと感じるものは?」という問いには、ジュースや、炭酸飲料、コーヒーなどの嗜好品が多く選ばれる傾向があることがわかった。

 さらに「増税後に飲み物の購入に関しての変化はありますか?」という質問に対して、36%の人が「購入額を気にするようになった」と回答。この結果から、お茶や清涼飲料水などに比べて、比較的低価格で手に入れることができる水が選ばれ、増税後には水を飲むことが増えた人が約2割近くもいたことが分かる。

■水好きは“安定志向”。飲み物の好みで性格が分かる?

 飲み物の嗜好と、性格の関連性について調査を行ったところ、よく飲む飲み物によって性格に違いがあることという結果がわかった。「自分自身を安定志向だと思いますか?」という質問に対して、日頃「水」を飲む人が一番安定志向の度合いが高く、「とても当てはまる・どちらかというと当てはまる」と答えた人が併せて74.7%もいることが分かった。増税後に節約として水を選ぶ傾向があることも、性格と結びついていると言えるかもしれない。

 飲み物の嗜好ごとに「あなたは自分自身を●●な性格だと思いますか?」という調査を行ったところ、水好きはアクティブやリーダー格な性格、また恋愛に関しても積極的な傾向があるということがわかった。

■63%が後悔?今年に入ってから“水に流したいこと”が“ある”と回答

 2014年も半分以上が経過致しましたが、半年を振り返って忘れ去りたいような“水に流したい出来事”について質問したところ、水に流したいことが“ある”と回答した人は、全体の63%に及ぶことがわかった。水に流したいことの内容としては、1位「仕事」、2位「お金」、3位「恋愛」という結果に。お酒の失敗や、友人とのケンカというような身近なことから、株投資失敗や、離婚など人生の転機を迎えるような出来事があった人まで幅広く“水に流したい”と思っていることがある人がいるようだ。

【調査概要】
○調査対象と回収サンプル数:20代~60代の男女400名
○調査地域:全国
○調査期間:2014年7月14日~7月16日
○調査方法:インターネット調査(ネット調査会社の登録モニター活用)

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:9/27(火) 11:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。