ここから本文です

「10年に一度しか出現しない逸材」 海外メディアがU-16日本代表で活躍の久保建英を絶賛

Football ZONE web 9/27(火) 11:34配信

AFC U-16選手権でワールドカップ出場獲得に貢献 大会屈指のスターとして注目浴びる

 U-16日本代表はAFC U-16選手権インド大会準々決勝のUAE戦で1-0と勝利し、来年に行われるU-17ワールドカップ(W杯)出場権を獲得した。15歳のFW久保建英(FC東京U-18)はグループリーグ2試合で4得点1アシストの活躍を見せ、UAE戦では鋭いCKから相手GKのミスを誘発し、決勝点を演出した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 大会屈指のスターの活躍を海外メディアも注目し、「10年に一度しか出現しない逸材」と絶賛している。米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」が「日本の天才児、クボはAFC U-16で将来性通りの活躍を見せる」と特集した。

 バルセロナの下部組織で育った久保は日本サッカー界のみならず、アジアが切望していた最高級のタレントだと評価されている。

「このフォワードは6月に15歳になったばかりだが、すでに日本のみならず、アジアフットボール界が長きに渡り切望してきた最も優れた才能を持つ1人であるとすでに認識されている。彼の年代までほぼ2年あるなか、1歳年上と戦っているが、彼のポジショニングのセンス、パスの範囲、正しい瞬間にボールに受ける彼のランニングと修正力は、明らかにチームメートを凌駕するだけでなく、実際には今大会のほぼ全員を上回っている。この若さにしての天才的な才能だけに、ここまで注目が集まるのは当然である」

「15歳の天才児は成長し続けるだろう」

 特集ではこう絶賛させている。森山佳郎監督率いるU-16代表の面々のみならず、1歳年上の大会参加者と比べても格の違いは際立っているという。また同局は2011年にバルセロナの下部組織に加入した久保のスペイン時代も紹介している。

「背番号10を託され、日本のメッシの異名を取った。ラ・マシア(バルセロナ下部組織の通称)時代に数々のショーを見せたビデオが存在する。選手を抜き去り、左足にボールが吸い付き、ゴールを量産するまでDFを次から次へとスルリとかわすのだ」と、バルセロナ下部組織でも圧倒的なパフォーマンスを見せていたことを明らかにしている。

 特集では「15歳の天才児は10年に一度しか出現しないタイプのタレントとして成長し続けるだろう」と締めている。未来のスーパースターは世界から注目を集めている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/27(火) 12:18

Football ZONE web