ここから本文です

“機会費用”から読み解く黒字で閉店する企業の合理性

Wedge 9/27(火) 12:30配信

 以前、赤字でも操業を続ける会社の合理性について考えました。今回は反対に、黒字でも閉店する店の合理性について考えましょう。キーワードは「機会費用」です。

昼寝にもコストがかかる?

 自宅のソファで昼寝をするのは、当然ながら無料ですね。しかし、経済学では昼寝にはコストがかかると考えるのです。「機会費用」というコストです。これは、「Aをせずに別のことをしていたら得られたはずの利益をAの機会費用と考える」ということです。

 昼寝は無料ですが、昼寝をせずにアルバイトをしていたら何千円か稼げたかも知れません。つまり、経済学では「何千円の収入を犠牲にしても、どうしても昼寝をしたかったから昼寝をした」、という理解をするわけです。「コストとベネフィットを比較して、ベネフィットの方が大きいと判断したから昼寝を選択したのだろう」というわけです。

 学園祭でヤキトリを売って10人で3000円の利益があったとします。300円ずつ山分けして喜んでいる学生がいますが、「学園祭に参加しないでアルバイトしていたら何万円になったのだろう?」と聞くと、がっかりします。そうです。学園祭の参加は機会費用が高いので、「大赤字」だと考えるべきなのです。もっとも、学園祭は楽しむために参加するのですから、ワイワイと楽しんだのであれば、機会費用などに目くじらを立てる必要はありませんが。

黒字の店でも閉じるべきケースあり

 夫婦2人で零細商店を経営し、毎月20万円の利益を稼いでいるとします。「その店を閉じて2人とも働きに出れば、20万円以上の給料が稼げる」のだとすれば、ただちにそうすべきです。あるいは店が一等地に建っている場合には、その土地を高い値段で借りてくれる人が見つかるかも知れません。もちろん、子育てをしながら働けるのは自営業しか無いから仕方なく続ける、といった事情があれば別ですが。

 赤字の店ならば、「赤字だから閉じよう。閉じてからどうしようか」と考える人が多いでしょう。かえって小幅な黒字が出ているために、考えるきっかけがなく、ズルズルと店を続けてしまう場合も多いようですが、気をつけたいものです。

 同様のことは、大企業でも起こり得ます。社内のエリートを集めた精鋭部隊が小幅の黒字を稼いでいるとします。社長としては、「せっかくエリートを集めているのだから、もっと頑張って稼げ」と檄を飛ばす選択肢もあるでしょうが、いっそうのこと、その部署を解散して、エリートたちを他の部署に配置転換する、という選択肢も考慮してみる必要があるでしょう。

 エリートたちは、他の部署に行けば、それぞれの持ち場で業務改善等を行なって多いに収益に貢献するかもしれません。そうして生まれるかもしれない収益は、精鋭部隊を閉じ込めていることの「機会費用」なので、それを考えれば当部隊は「赤字部門」ということになるからです。

 これも、いっそうのこと赤字に転落してしまえば解散を思いつくのでしょうが、小幅な黒字を稼いでいるが故に解散に思いが至らない、ということは十分に考えられます。気をつけたいものです。

1/2ページ

最終更新:9/27(火) 12:30

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン