ここから本文です

オリックス最下位も福良監督続投。その決断の裏側

ベースボールチャンネル 9/27(火) 17:00配信

隙のない野球を掲げた1年目

 球団から再建を託され監督代行から昨秋に就任したオリックス福良淳一監督。1年目の今季は、9月26日現在、借金が26。残り4試合で5位楽天とのゲーム差が6.0と大変厳しい戦いを強いられている。

 就任会見では「隙のない野球」を目指すと語っていた福良監督だったが、失策数はリーグワースト2位の89。昨年の79をすでに上回っている。2014年に優勝争いを繰り広げた際に原動力となった投手陣も不調で防御率はリーグワーストの4.11。特に先発投手は防御率4.24と散々な成績でディフェンス面に大きな課題を残すシーズンとなっている。

 しかし、球団はそんな福良監督に対して早い段階から来季の続投を要請。8月17日に続投が正式に決まった。今年は昨季とは異なって怪我人が多発したわけでもなかった。それでも成績が振るわなかった指揮官の続投を決める球団のその姿勢に、疑問を呈する声は少なくなかった。

 その声は現実問題として受け止めなければならないだろう。
だが、今回の決定は、過去繰り返してきた、成績不振だけによる監督交代劇とは性質が異なっていることを忘れてはならない。

 というのも、球団には描いているビジョンが見え隠れしているからだ。
 それは、かつての西武やソフトバンクが壮大なビジョンを描き具現化していったのと似たようなものだ。

福良―田口のホットライン

「一軍と二軍の入れ替えを積極的に行う」

 シーズン前にそう話していたのは瀬戸山隆三球団本部長だった。
 瀬戸山本部長は、昨年怪我人に苦しんだことから、いつでも入れ替えられるように選手層を厚くしたいと発言していたのだった。事実、今季、入れ替えは頻繁に行われた。

 球団の意図を理解し、福良監督と連携して1軍に選手を送り続けたのが今季からファームの指揮を執る田口壮2軍監督である。
 田口二軍監督は、開幕当初不振だったT-岡田を「いまからでも20本は打てる」と4月末に推薦。すると、T-岡田は現在19本塁打をマークするまで状態を上げた。それだけではない。今季途中に育成から支配下登録された園部聡は7月3日にプロデビューを果たすと、決勝打を放っている。シーズン終盤には、けた外れの身体能力を持つ2年目の宗佑磨が1軍に昇格。将来の遊撃手として期待するかのごとくスタメンで起用された。

 結局、今季一軍経験を積んでいない野手はプロ3年目の吉田雄人だけとなった。1軍もチーム状況に影響された点も否めないが、昨年までのチームの反省を生かし、選手を1軍へ次々と送り出したのである。

 昨年オフ、「福良新監督とともにチームが描いていくストーリーに田口さんは絶対に外せない」とする球団サイドの熱意に押されて現場復帰を決意。田口二軍監督としてオリックスに帰って来た。
 就任会見で「オリックスファミリー」というユーモアに満ちた言葉を使い、「福良さんなら一生仕えてもいい」「福良さんには10連覇してもらいます」と兄貴分である福良監督との友好的な関係性を語ったほどである。

 かつて、加藤康幸編成部長がふと漏らしていたことがあった。
「田口さんの2軍監督就任にはその先のストーリーをという想いもあるんです。それが将来の監督としてなのか、福良監督を支えるヘッドコーチなのかはわかりませんが、チームが描いているストーリーがあるんです」

 どういう形になるにせよ、福良―田口のホットラインの完成こそが、チームを作っていく側にも、観ているファンにも感情移入しやすい夢物語になると球団は考えている。

 そして、現在の1軍・福良―2軍・田口の強固な信頼体制を基盤にチーム全体を強くしていくという球団の狙いが透けて見えてくるのである。
 2年連続で早々に優勝争いから脱落し、目に見えた結果には表れなかった福良体制1年目。もう少し我慢が必要な時期なのかもしれない。

 福良監督の続投が発表されてからというもの、チームの状態はすこぶるいい。
 投手陣については、やや再建の必要があるが、来季に向けて舵を切ったチームはルーキー吉田正尚が台頭し、主砲のT-岡田、盗塁王争いをしている糸井嘉男、かつての姿を取り戻してきた中島宏之が高いパフォーマンスを見せている。今季大外れだった外国人を排除し、純国産打線が機能している。

 正捕手への道を着実に歩んでいる若月健矢に目処が立ってきていることもプラス要素といえるだろう。西野真弘、駿太ら中堅格の選手たちも研鑽の日々を重ねている。

 今季、広島が優勝したことで、オリックスが12球団で最も優勝から遠ざかるチームになった。だが、下を向くことは決してない。生え抜き初の監督である福良―田口のラインで本当の“黄金時代”を築きあげることができれば、未来が明るくなるはずだからだ。


どら増田

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9/27(火) 17:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。