ここから本文です

ケバくならない目ヂカラメイク、教えます。その秘密とは? [ViVi]

講談社 JOSEISHI.NET 9/27(火) 21:00配信

秋はアイメイクがひさびさに復活! 盛るツヤで血色をレスして攻めな強気ガールをき取って☆

neoピンク・レディー

【A】ルナソル グロウイングデイスティック 01
【B】シュウ ウエムラ ティント イン ジェラート ヌーディ コーラル
【C】THREE エピック ミニ ダッシュ 01
【D】アナ スイ アイブロウ & アイラッシュ マスカラ 001 【E】YSL フルメタル シャドウ マット No.14 【F】NARS ラージャーザンライフ ロングウェアアイライナー 8051 【G】 アナ スイ アイ&フェイスカラー FF500

1. ハイライトを全体に

Aを直接そのまま肌へ。下地の前、ファンデを塗ったあとの二度塗りで湿度を感じるツヤ肌に仕上げて。

2. 眉にラメをオン!

ラメ入り眉マスカラDで毛並みに沿ってとかすように眉全体にON。毛がしっかりある人は眉は描かなくて◎。

3. 上下をしっかり囲む

アイシャドウEをアイホールにのばしたら、Fで目のキワを締める。下まぶたのキワも埋めて、囲み目に。

POINT

「もう薄メイクには飽きたから、秋はトレンド盛り盛りに攻めようと思って。目もとはラインでガッツリ囲んで、肌はハイライトでツヤピカに。でも血色はレスするのが、ケバさゼロの進化型盛りメイク!」(ヘアメイク・信沢Hitoshi)

プラスとマイナスの バランスが絶妙! by 谷まりあ

信沢Hitoshi
bauletto所属。すっぴん風からアートなメイクまで、メイクの幅は底知れず。ViVi歴最長の大人気ヘアメイク。

最終更新:9/27(火) 21:00

講談社 JOSEISHI.NET