ここから本文です

日本ハムのパ優勝は持ち越し。28日、大谷翔平が菊池雄星に投げ勝って、決めるか

ベースボールチャンネル 9/27(火) 21:30配信

好機に1本出ず

 優勝に王手をかけている日本ハムが西武プリンスドームで西武と対戦し0-3で敗れた。

 試合は、2012年のMVP左腕・吉川光夫が約1か月ぶりの先発。
 1回、いきなり1番・秋山翔吾に死球で出塁を許すと、続く2番・外崎修汰に甘くなったストレートを左翼スタンドへ放り込まれた。その後、吉川は変化球を低めに集めるピッチングで立ち直りを見せたが、5回裏には炭谷銀仁朗に今季1号本塁打を浴び、5回3失点で降板した。

 一方の打線も、西武先発の岸孝之の前に苦戦。5回に初安打をマークして、6回には中島卓也と近藤健介の安打、7回には代打・大谷翔平の二塁打などで好機を作るも、あと1本出なかった。8回は牧田和久、9回は増田達至に抑えられ、5安打無得点に終わった。

ソフトバンクはロッテに辛勝

 日本ハムの優勝対象チームになるソフトバンクはロッテに一度は追いつかれるも、9回に勝ち越して3-2でロッテに辛勝。日本ハムの優勝は明日以降に持ち越しとなった。

 とはいえ、明日先発予定の大谷翔平を代打で起用するなど執念を見せたことはつながるだろう。

 試合後、日本ハムの栗山英樹監督は「今日、決められるチャンスがあれば行こうというのが頭の中にあった」と大谷の代打起用理由を説明。ソフトバンクが敗れれば優勝の可能性はあったが、指揮官には自分たちが勝つことが大前提だったようだ。そして、「明日、勝つしかないんで頑張ります」と会見を締めた。初めて登板日前日に打席に立った大谷は「特に、いつもと変わりはなかったです。その中でしっかり打てて良かった」と振り返った後、「(明日は)獲るだけなので、しっかり抑えて勝ちます」と意気込みを話した。

 日本ハムは明日28日も西武と対戦する。
 すでに日本ハムの先発が大谷翔平、西武は菊池雄星と発表されている。 花巻東高の先輩・後輩が、今季初めてこの局面での対戦とあって注目を浴びそうだ。


氏原英明

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9/27(火) 22:01

ベースボールチャンネル