ここから本文です

ラウドルップ氏、再びカタールへ。アル・ラーヤン監督に就任

フットボールチャンネル 9/27(火) 8:01配信

 かつてJリーグ神戸でもプレーした、元デンマーク代表のミカエル・ラウドルップ氏がカタール・スターズリーグのアル・ラーヤンの監督に就任する。26日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 現在52歳のラウドルップ氏は2014/2015シーズンにも同リーグのレフウィヤを率い、リーグ優勝に導いたが1シーズンのみで退任していた。

 今回就任するアル・ラーヤンは、昨シーズンのリーグ王者であり、ウルグアイ人のホルヘ・フォッサーティ監督が率いていたが、同監督のカタール代表監督就任に伴い空位になり、それに代わっての就任となる。

 デンマークが生んだかつてのスタープレーヤーは、これまでにリーガエスパニョーラのヘタフェ、マジョルカ、プレミアリーグのスウォンジーなどの監督を歴任しており、現在は『beINスポーツ』で解説者として活動していた。

フットボールチャンネル

最終更新:9/27(火) 8:04

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。