ここから本文です

PSGのコートジボワール代表DFに懲役2カ月の判決 警官への暴行容疑で5月に逮捕

Football ZONE web 9/27(火) 14:50配信

14年W杯の日本戦で2アシストのオーリエ

 パリ・サンジェルマンのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエは、警官に肘打ちした暴行容疑で懲役2カ月の判決を言い渡された。英公共放送「BBC」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 オーリエは5月30日未明にパリ市内のナイトクラブから立ち去る際、警官にアルコール検査のために呼び止められた。この時に肘打ちをお見舞いし告訴されていたオーリエは、警官からの暴行に対する犠牲者であると主張していたが、判決が下り、懲役2カ月の判決に加え、600ユーロ(約7万円)の罰金も命じられている。

 オーリエはトラブル続きの1年となっている。2月にはPSGのローラン・ブラン前監督を同性愛差別発言で侮辱し、出場停止となっていた。同僚のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアをピエロ呼ばわりし、23日のフランス1部トゥールーズ戦では前半に退場処分を言い渡されていた。

 2014年ブラジル・ワールドカップの日本代表との試合に出場。インテルDF長友佑都とのマッチアップを完全に制圧し、2アシストの活躍を見せた。W杯優勝を目標に掲げていたザックジャパンのプライドをあっさりと切り裂いた実力者だが、フランス王者ではピッチ内外でトラブルを起こしている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/27(火) 14:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。