ここから本文です

アーセナルファンの金メダリスト、将来の夢語る「フィットネスコーチとして働きたい」

フットボールチャンネル 9/27(火) 10:10配信

 今年8月にブラジルで開催されたリオ五輪で、イギリス代表の陸上選手として金メダルを獲得した33歳のモハメド・ファラーが、将来的にアーセナルのスタッフとして働きたいとの考えを明らかにした。26日に英紙『メトロ』が報じている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 ファラーは陸上男子1万メートルと5000メートルで金メダルを獲得していた。脅威的なスタミナで世界陸上競技選手権大会などでも多くのメダルを獲得している。同選手は以前からアーセナルファンであることを公言しており、大のサッカー好きだ。

 アーセナルについてファラーは「僕が本当に大好きなことの一つはサッカーだ。アーセナルとは良好な関係を築きたいね」とし、「いつか、アーセナルのフィットネスコーチとして彼らのもとで働きたいと思っている。体に関して適切な訓練を受けてきたよ」と語り、将来的に毎年けが人続出で苦しむアーセナルを救おうと考えていることを明かした。

フットボールチャンネル

最終更新:9/27(火) 10:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。