ここから本文です

浦和の司令塔が恩師率いるU-16日本代表へエール 「若い世代ほど世界一になるチャンスがある」

Football ZONE web 9/27(火) 20:39配信

広島ユース時代に森山監督の指導を受けた柏木 「育成年代で最高の監督」

 浦和レッズの日本代表MF柏木陽介は、サンフレッチェ広島ユース時代の恩師である森山佳郎監督が率い、見事に2大会ぶりのU-17ワールドカップ(W杯)出場権を獲得したU-16日本代表について、「若い年代ほど世界一になるチャンスがある」とさらなる飛躍に向けてエールを送っている。

2016・J1リーグ「最新推定市場価格ランキングTOP 100」

 柏木は25日に、古巣である広島とJ1セカンドステージ第13節のゲームを戦い、3-0の勝利に貢献した。その試合後、“ゴリさん”の愛称で親しまれる森山監督が率いるチームには、大切なものが植え付けられていくと、自身の経験を踏まえて語っている。

「ゴリさんは育成年代で最高の監督。代表でも熱い気持ちで接して、気持ちのない奴はどんなに上手くても試合に出られないという環境を作って、戦える選手を作っていると思う。そういうなかから、最近の選手にはちょっとない上下関係の厳しさを理解できる選手も出てくるんじゃないかと思う」

 U-16日本代表にはバルセロナの下部組織出身で確かな技術を持つFW久保建英や、久保と大会得点王で並んでいるFW棚橋尭士などを擁するが、彼らにしても森山監督の下ではサッカーの技術だけでは試合に出場できないと話した。2010年に浦和へ移籍した柏木は、奔放な振る舞いを見せるユース出身選手に苦言を呈することもあった。広島ユース時代に学んだという先輩、後輩といった関係性の重要さもクローズアップしていた。

“調子乗り世代”の一員として感じたもの

 柏木は広島ユースから昇格して2年目の07年に、カナダで開催されたU-20W杯に出場し、ベスト16進出に貢献している。その経験を踏まえ、若い年代の日本代表には大きなチャンスがあると話した。

「若い世代が世界一を取るチャンスが一番あると思う。世界とのレベル差も、まだそんなにないと思うから」

 “調子乗り世代”と呼ばれたチームの一員として世界大会を経験した柏木は、恩師に率いられて来年のU-17W杯を戦うことになった若き日本代表に、アジアの枠にとどまることなく世界一を目指して戦ってほしいとエールを送っていた。

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

最終更新:9/27(火) 20:39

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。